高齢者の糖尿病患者が急増(写真/アフロ)

写真拡大

 健診結果で血糖値が気になるのは、高血糖が続くと糖尿病に至るといわれるからだ。悪化すれば生活の質に大きく影響し、脳梗塞や認知症のリスクも高めるという。

 中高年にはカロリー制限や運動などの予防策が提唱されるが、高齢者は少し視点を変えた血糖値・糖尿病対策が重要だという。国立国際医療研究センター 糖尿病情報センター長の大杉満さんに聞いた。

「血糖値とは血液中のブドウ糖の量のこと。食事をすると一時的に血糖値が上がりますが、膵臓から出るインスリンの働きで、筋肉や臓器、脂肪細胞などにエネルギーとして取り込まれ、血糖値が下がる。インスリンがうまく働かず、処理しきれない血糖が増えると高血糖になり、これを長く放置すると糖尿病に至ります。

 中高年の場合は食べすぎや運動不足が主な原因なので、“高血糖・糖尿病=肥満”の印象がありますが、加齢でもインスリンの働きは悪くなるため、高血糖や糖尿病の高齢者は肥満とは限らず、体重にも反映されにくいのです」

 今、日本の糖尿病患者は増加の一途。中でも増加率が高いのが高齢者だという。

「高齢者の高血糖の一因は、炭水化物など糖質に偏った食事です。代表格のご飯、麺類、パンは軟らかくて食べやすいため、これらだけで手軽にすませてしまいがち。するとたんぱく質や脂質が不足して筋肉とその活動量が減り、血糖が消費されず血糖値を上げることになるのです」

◆高齢者が注意すべきは高血糖と低血糖

 では、血糖値はとにかく下げればよいのかというと、そう単純ではないらしい。

「高齢者の場合は、低血糖も危険なのです。低血糖になると、脳が働かなくなってボーっとしたり、動悸や震えなどが出たりすることも。しかし高齢者にはこれらの症状が出にくく、気づかないことも多いのです。低血糖を頻繁に起こすと転倒や骨折、心筋梗塞、脳梗塞、認知症のリスク、そして死亡率が高まることもわかっています」

 低血糖は、過剰な糖尿病治療で血糖値が下がりすぎて発症することもあるという。

「高齢者の低血糖のリスクは深刻。また一般成人に比べて心身機能の個人差がかなり大きい。糖尿病対策の血糖値目標をその人の状況に合わせて設定できるよう幅を持たせた『高齢者糖尿病の血糖コントロール目標』が、昨年新たに発表されました」

 働き盛りの中高年は糖尿病をしっかり治療することを目標にすべきだが、高齢者は数値目標達成ばかりでなく、治療の目的が何かを考える必要があることが多い。

◆好奇心を持って食べる、じっとする時間を減らす

 食事量が減少する高齢者にとって何を食べるかは重要だ。

「だからこそ、少しずつでもいろいろな食品を食べ、多くの栄養素を摂りましょう。特定の食品を過剰に摂ったり減らしたり、健康によいという情報だけで選ぶのではなく、味や食感などに好奇心を持って。食欲もとても大切です。

 そしてできるだけ動くこと。動かなければ筋肉量は驚くほどの速さで衰え、筋力がなくなると、自然とじっと動かずにいる時間が長くなります。家族や介護者はよかれと思って手助けをしてしまいますが、これは“動かなくてよい”生活を強いることにもなります。

 特別な運動や筋肉トレーニングなどと気負わず、家事や趣味でこまめに立って歩く、動くことを心がけましょう」

 高齢者の家族は、「疲れさせちゃいけない」「転ばせちゃいけない」と、つい先回りして“やってあげて”しまう。何もすることがなければ高齢者はまったく動かずに過ごし、夜の不眠にもつながってしまうのだ。

 これが実は筋力低下の元凶。家の中での何気ない立ち座り、移動は高齢者にとって貴重な筋トレである。家事は足腰から手先まで使う全身運動になる。転倒などには気をつけながら、できるだけ生活活動を。

※女性セブン2017年10月12日号