武蔵で飼われているやぎ

写真拡大

 名門校の教育から「大人」はなにを学ぶべきなのか。御三家の教育を取材したふたりのライターの会話から考えてみた。(取材・文=フリーライター・神田憲行)

 * * *
 先日私は教育ジャーナリストのおおたとしまささんと紀伊國屋書店「武蔵と麻布、どっちが変?」というタイトルのトークイベントをした。おおたさんが最近、「名門校『武蔵』で教える東大合格より大事なこと」(集英社新書)という本を出版されて、「謎の進学校 麻布の教え」(同)という著書がある私とのカップリングだった。そのなかでのやりとりや、おおたさんの著書を読んで考えさせられたことを紹介したい。

「武蔵」とは東京都練馬区にある私立武蔵中等高等学校のことだ。中高一貫の男子私立高で、麻布、開成と並んで「御三家」と呼ばれる名門である。武蔵と麻布は自由な校風が似ていて、私も麻布の先生方から武蔵へのシンパシーを何度か聞いていた。

 だがおおたさんとやりとりしていて、やはり武蔵には武蔵の流儀があるのだなとわかった。

 たとえば入試問題である。武蔵の入試で算数の出題は、一問ごと手書きである。問題によっては筆跡が違うこともある。ちなみに入学後に渡される算数のオリジナルテキストも手書きだそうだ。

 さらに合格発表後、問題の出題意図と模範解答、受験者の回答の傾向まで発表する。私立中学でここまで公表する学校はかなり珍しいと思う。

 おおたさんによると、それは戦後からずっと続いている習慣だという。

「武蔵は『入試問題にこそ武蔵の教育観があらわれている』というプライドがあるんですよ。もともと武蔵って旧制7年制の学校で、12歳で武蔵に合格するとそのまんま帝国大学、今でいうところの東京大学にフリーパスで入れました」

「それが戦後、普通の中高一貫校になることによって、そのフリーパスがなくなりました。そこで一回低迷するわけです。で、そのときに、武蔵の先生たちは何をしたかっていうと、入試問題を近くの小学校に持って行って、『これが私たちが求めている、子どもたちの学力観です』っていって、そうやって一生懸命受験生を集めて、また進学校としての地位を築きなおしたという歴史があるので、いまもそれを続けているということです」

 なんというか、非常に泥臭く、良い意味で「寺子屋」感のある学校である。ちなみに武蔵の敷地面積は付設の大学と合わせて東京ドーム1.5個分の広さがある。校内には川も流れて、やぎも飼われている。それでいて一学年の生徒数は160人。西日暮里にある開成が同400人、港区の麻布が同300人である。

 おおたさん自身も麻布出身で、他の名門校の取材経験も豊富にある。そのなかである思いが共通したという。

「御三家って呼ばれるような学校って、先生たちの楽園だなって思うんです。先生たちが何よりも生き生きと楽しそうで、『ほら、こんなに楽しい世界があるんだぞ。見てみろ、やってみろ』っていう風に、生徒たちをけしかけてる」

「これはね、ひとつやっぱり、大人が楽しい人生を生きていて、その人生の楽しさを伝える。これ、大人の非常に重要な役割だと思うんですよ。これは先生に限らず、親もそうであるべきだと思うんです。そのお手本を見せている」

「そういう大人に見守られているからこそ、安心して生徒はのびのびと自分の才能を伸ばしていく。そういう環境ができてるんじゃないかな、なんていう風に思います」

 これは私が麻布の先生を取材したときも感じた。たとえば英語の先生は毎年、アメリカの雑誌「ニューヨーカー」に掲載されるその年のベスト短編集の中から、自分が好きな小説を教材として教えていた。自分が読んで、まず心動かされたものを生徒に「ほら、これ面白いよ」と伝えようとする。

 そしてそれは名門校の先生に限らないと思う。高校野球の監督でも、自分が選手時代に感動した甲子園の舞台に、選手たちも立たせてやりたいと必死になって練習メニューを考え、自腹で道具を揃える人もいる。

 おおたさんはこうもいう。

「子どもにどうこう言う以前に、生きる力なんだかんだっていう以前に、大人がその価値観を忘れてません?」

「子どもが自由に自分の好きなことを伸ばす状況にしてあげるっていうのが、私たち、直接教育にかかわっていなくても、社会をつくっている大人の、これは役割なんだと思う」

 名門校の教育はたしかにいい。だがそれをひがんで横目で見ているだけじゃなくて、そこに共通するものを考えて、社会全体で実現出来ないか考えることが私は必要だと思う。そのひとつが、大人がこの社会で生きていていいなと思えること。風通しをよくすることだと思う。

 そのために大人はなにをすべきなのか……などと考えていたら、国会から解散風が流れてきた。