29日、参考消息網によると、韓国が原子力潜水艦を建造する可能性があり、中国との関係が一層悪化する恐れが出ている。資料写真。

写真拡大

2017年9月29日、参考消息網によると、韓国が原子力潜水艦を建造する可能性があり、中国との関係が一層悪化する恐れが出ている。

米外交専門誌ナショナル・インタレストによると、北朝鮮が潜水艇からの弾道ミサイル発射技術を研究しており、韓国は米国の技術的支援を受け、独自の原子力潜水艇を開発する可能性があるという。記事は、米国が韓国との同盟関係を維持し、韓国が原子力潜水艇を開発するリスクと利点を指摘している。

「北朝鮮が核実験を続け、弾道ミサイルの発射実験をやめない限り、韓国が原子力潜水艇を保持することは一定の抑止力を持つだろう」とし、「韓国の同盟国にとっても一定の利益をもたらす。韓国は同盟関係を改善し、防衛上でより一層大きな責務を果たす必要がある」と論じた。

一方で「しかし、韓国が原子力潜水艇を持つことは、重大な戦略的リスクも発生させる」とも指摘。「隣国である日本と中国が警戒し、両国との関係が悪化する恐れがある。双方の誤解を招き、軍拡競争を引き起こす可能性もある。核拡散問題に重大な影響をもたらし、世界的な安定を脅かすかもしれない」と同誌は論じている。(翻訳・編集/大宮)