福岡国際映画祭 クロージング上映『巫女っちゃけん。』 来年2月全国ロードショー!

写真拡大 (全5枚)

ボンジョルノ!福岡よりTOGGYです。

1990年から始まった『アジアマンス』の主要事業の1つとして、翌年に『アジアフォーカス・福岡映画祭』がスタート。今年で27回目を迎える『アジアフォーカス・福岡国際映画祭』。

アジアフォーカス・福岡国際映画祭

今年も9月15日のオープニング・セレモニー&上映で開幕。セレモニーでは46名のゲストがレッドカーペットから登場、『ワンダーボーイ・ストーリー』の監督、あの!ディック・リー氏も登場し、その後10日間に渡りゴージャスに開催されました。

ほとんどの作品が日本初公開、日本語字幕はもちろん、この映画祭ではさらにアジア各地から参加するゲストおよび地元の留学生が鑑賞できるように、英語の字幕も付けられています。上映作品が話題となり、世界各地で上映され高い評価を得るなど、情報発信の役割も担っているのです。

映画祭参加がきっかけとなって国内配給されるケース、映画祭ゲストとしての来福を機に福岡のロケーションを気に入り、映画ロケ地になるケースなどの成果も出てきています。

フィルム・コミッションの活動も活発な福岡・北九州。

福岡フィルムコミッション - 映像を通して、福岡を魅せる。

北九州フィルムコミッション | 映画・CM・TVドラマの撮影支援

今回僕は、福岡国際映画祭クロージング作品『巫女っちゃけん。』の主演・広瀬アリスさんとグ スーヨン監督が登場するトークイベントのMCを務めさせていただきました。

会場となったキャナルシティ博多B1サンプラザステージは整理券配布の大混雑。

福岡フィルムコミッションも支援し、オール福岡ロケで撮影された本作品。撮影地は年に2回だけ現れる絶景『光の道』で有名な福岡県・福津市の宮地嶽神社。神聖な舞台で繰り広げられる史上初?の神社エンタテイメントムービー!

撮影秘話などを交えながら、作品の見どころ、魅力についてのトークを伺うことができました。

その後、来年2月の全国ロードショーに先駆けて、1度だけの上映会。その前に、主演・広瀬アリスさんとグ スーヨン監督による舞台挨拶も行いましたよ。神社内の普段お目にかかれない場所での撮影もあり、商売繁盛のご利益間違いなしの作品。特に広瀬アリスさんの『ズボラファッション・ズボラ行動』が見ものです(笑)。

上映後には監督の質疑応答の時間も設けられ、映画ファンから熱い質問が投げかけられ、映画祭を締めくくるに相応しい内容でした。

なお福岡市総合図書館には、アジア映画や日本映画の名作を中心に調査・研究、収集、保存、公開する映像ライブラリーがあります。

これまでの映画祭で招待された384作品(2017年3月現在)についてアーカイヴ権を取得し、貴重なアジアの映像文化財として収蔵されています。

映画『巫女っちゃけん。』公式サイト

[文・構成 TOGGY]

福岡の茶人・DJ TOGGY(トギー)

波瀾万丈の人生経験・元ミュージシャンの感性・モテ声トークを武器に様々なメディアでLifeStyleを発信し続ける「イタリア系九州男児」福岡市内の山中にサロン・スタジオ・茶室を建築し専ら草むしりの日々。
<レギュラー番組>
LOVE FM
「TOGGYのSTART UP TODAY!」
J:COM
「「TOGGYの清く正しくテキトーチャンネル」
KBCラジオ
「「TOGGYの土曜の夜にナンモナイト?」