BMWのコンパクト・クロスオーバーSAV(スポーツ アクティビティ ビークル)『X3』の新モデルに、初の最強「M」モデルが投入されます。ニュル高速テストに現れたプロトタイプを捉えました。

ヘッドライトは本物が装着され、大型ルーフスポイラー、クワッドエキゾーストパイプが確認できます。残るは大口エアインテークのカモフラージュだけという軽偽装状態です。プラットフォームには、新型「X3」同様に最新世代の軽量&剛性の高い「CLAR」が採用されています。

注目はそのスペック。搭載されるエンジンは「M3」から流用される3リットル直列6気筒ターボで、最高出力はライバルとなるメルセデス『AMG GLC43』の367ps、ポルシェ『マカン ターボ』の400psをも超える430psが予想されます。また0-100km/h加速は4.6秒で、やはりマカン ターボの4.8秒を凌駕。クラス最強のアブノーマル・スペックと言えます。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが最有力とされています。

(APOLLO)

ライバルの凌駕する過激なスペックを誇る、BMW・X3初の「M」モデルをキャッチ(http://clicccar.com/2017/09/30/515809/)