ジャガー・Fタイプは、スポーツカーらしいスタイリングと、3.0L V6スーパーチャージャーあるいは5.0L V8 スーパーチャージャーガソリンエンジン仕様の強烈な加速感がもたらす裏切らない切れ味鋭い走りで、一度乗るとやみつきになりそうな魔力? を感じさせます。

2018年モデルのFタイプが発表され、2017年9月30日から受注が開始されています。今回新たに、300psの2.0L直列4気筒「INGENIUM(インジニウム)」ガソリンターボエンジンが追加され、大幅にラインアップが拡充されたほか、LEDヘッドランプやフロントバンパーが新しいデザインに変更され、スポーティなフロントマスクがさらに強調されています。

機能面では、軽量マグネシウムフレームを使った新開発のパフォーマンスシートにより、足元のスペースが確保され、8kg以上の軽量化を実現したそう。

コネクティビティ機能も強化されており、Fタイプでは初のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を全車に標準装備。さらにGoPro社と共同開発された「ReRun」アプリにも対応。これは、自分だけのドライビング・エクスペリエンスがリアルタイムに記録できる世界初のアプリです。

「GoPro」で撮影した走行映像、車両の走行データ(速度、スロットルポジション、ギア選択、制動力、加速度)の記録が可能で、またその映像をスマートフォンにダウンロードし、SNSなどで簡単に共有することもできます。

2018年モデルのエンジンは新たに追加された300ps/400Nmから575ps/700Nmまで、実に6種類も揃っていて、ボディタイプはクーペとコンバーチブル、トランスミッションはATとMT、駆動方式もFRとAWDを用意。それぞれ組み合わせると、28機種ものバリエーションになります。

さらに、随所に特別なデザインが採り入れられ、2018年モデルから追加された3.0L V6スーパーチャージャーの出力を400psにまで引き上げた「F-TYPE 400 SPORT」(2018年モデルのみ)、ジャガー・ランドローバーの「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」が設計、開発を手掛けた最上級グレード「F-TYPE SVR」なども控えています。

価格帯はクーペモデルが、新たに追加された2.0L直列4気筒ターボの「F-TYPE COUPE」の7,940,000円から、5.0L V8スーパーチャージャーを積む「F-TYPE SVR COUPE」の17,870,000円です。

コンバーチブルの価格帯は、2.0L直列4気筒ターボの「F-TYPE CONVERTIBLE」の9,590,000円〜5.0L V8スーパーチャージャーを積む「F-TYPE SVR CONVERTIBLE」の19,520,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】合計28機種のバリエーション!ジャガー・Fタイプの2018年モデルに300psのガソリンターボが新設定(http://clicccar.com/2017/09/30/516455/)