ポルシェ・パナメーラのスポーツワゴンあるいはシューティングブレーク的存在といえるスポーツツーリスモに、プラグインハイブリッドモデルが追加されます。

パナメーラの新たなフラッグシップモデルとなる新型「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」は、4.0LのV8エンジンとエレクトリックモーターを兼ね備え、システム最高出力は680psに到達。850Nmもの分厚い最大トルクは、アイドリング時の回転数を少し超えた時点から発生。

0-100km/h加速は3.4秒で、最高速度は310km/hに達します。これほどパワフルなモデルでありながら、プラグインハイブリッドの利点、そして燃費上で有利といわれている欧州でのプラグインハイブリッド車であることを考慮しても、平均燃料消費量(新欧州ドライビングサイクル、NEDC)は3.0L/100kmはまずまず立派といえそう。なお、電気モーターのみでの走行は最大49km。

実用性ももちろん確保されていて、大型のテールゲートや広いラゲッジ、そして「4+1」シート構成を含む空間コンセプトにより高い実用性も備えられています。

さらに、オプションで独立式の2席の電動リヤシートを選択することも可能で、後席の上端まで積み込むと425Lという容量を確保し、後席を倒せば最大で1295Lまで拡大可能だそう。

プラグインハイブリッドを搭載した 最もパワフルなスポーツツーリスモである「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」。なお、現時点で日本での発売時期や価格についてはアナウンスされていません。

(塚田勝弘)

【新車】プラグインハイブリッドでパワーと燃費を両立させたポルシェ・パナメーラ・スポーツリスモ発表!(http://clicccar.com/2017/09/30/516436/)