羽田圭介氏

写真拡大

30日放送の「教えて!NEWSライブ 正義のミカタ」(朝日放送)で、芥川賞作家の羽田圭介氏が、安倍晋三首相の加計学園問題における姿勢に疑問を呈した。

番組では「解散総選挙“小池百合子旋風”再び!?」と題し、次期衆院選挙の話題を取り上げた。ここで、希望の党代表・小池百合子氏と安倍首相の選挙に向けた会見内容を、羽田氏が添削した様子がVTRで紹介された。

まず小池氏を「一文が長くて単語数も多い割に情報量が少ない」「ブログみたいで感想がなにも湧いてこない」と指摘。さらに、安倍首相に対しては「加計学園の件でまったく謝らないスタンスって、どうなの!?」と一刀両断したのだ。

VTR後、スタジオの羽田氏は、さらに安倍首相の会見について「少子化の問題ですとか北朝鮮の問題とかで、国民の恐怖を煽って共通の敵を作る」「扇動的な手法だなって思いました」と感想を補足したのだった。

【関連記事】
作家の羽田圭介氏 不倫謝罪会見の流れに苦言「バッシングを無視してほしい」
羽田圭介氏が芥川賞受賞作家にチクリ「テレビに出ても下品になるだけ」
羽田圭介氏がエピソードを語るTV番組に出演しないワケ「捏造を強要される」