日本代表GK川島、敵地ナント戦で遠征メンバー入り 仏紙も「エイジが戻る」と特集

写真拡大

17日のアンジェ戦、アップ中に負傷して急きょ交代のハプニング

 フランス1部メスに所属する日本代表GK川島永嗣は、負傷の影響で直近のリーグ戦2試合ベンチ外となっていたが、現地時間30日に行われるリーグ第8節、敵地ナント戦の遠征メンバー18人に選出された。

 川島は8日の第5節パリ・サンジェルマン(PSG)戦で2試合連続の先発を飾るも、1-5と大敗。フランス代表の18歳FWキリアン・ムバッペに衝撃デビュー弾を決められるなど苦汁を呑んだ。

 17日の第6節のアンジェ戦でも先発メンバーに名を連ねた川島だったが、アップ中に負傷するハプニングが発生。急きょGKトーマス・ディジョンが代役として出場していた。翌節もベンチ外となっていたが、30日の敵地ナント戦で遠征メンバー入りを果たしている。

 フランス紙「レキップ」は「エイジ・カワシマがグループに戻る」と特集。「2週間前のアンジェ戦で内転筋を負傷したが、ナント戦で戻る」と伝えた。チームはFWイブラヒマ・ニアネやMFヤン・ジュフルなど負傷者が相次ぐなか、川島について「唯一の復帰者」と言及している。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は28日、10月6日のキリンチャレンジカップ・ニュージーランド戦(豊田スタジアム)と10日の同ハイチ戦(日産スタジアム)へ向けたメンバーを発表し、川島も選手された。指揮官は次のように説明している。

ハリル監督「エイジは来たところでチェック」

「GKは永嗣、東口(順昭)、中村(航輔)の3人です。西川(周作)も最近、調子は上がってきている。昨夜のACLの試合で浦和も見たが決勝に進んでほしい。永嗣は少し問題がありました。内転筋ですね。しかし、合宿に来ます。来たところでチェックしたい」

 川島は先日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦(2-0)やサウジアラビア戦(1-0)をはじめ、今年のハリルジャパン全6試合に先発するなど不動の守護神として確固たる地位を確立している。

 川島は28日に開設したばかりのインスタグラムで「#ナントへ出発」とメッセージを発信。チームメイトとの3ショットも公開し、元気な様子を伺わせた。ハリルホジッチ監督もコンディションを懸念する男の遠征メンバー入りは、日本代表にとって朗報と言えそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】川島が公式インスタグラムに投稿、「ナントへ出発」のメッセージ&チームメイトとの3ショット

 

Partir à Nante#ナントへ出発#fcmetz

川島永嗣 Eiji Kawashimaさん(@eijikawashima01)がシェアした投稿 -


川島が公式インスタグラムに投稿、「ナントへ出発」のメッセージ&チームメイトとの3ショット