PSGのユニフォームが「パリコレ」に!ファッション好きはどう思う?

写真拡大

今週からスタートした2018年春夏のパリファッションウィーク。

そんななか、『KOCHÉ』というブランドのコレクションに…。

PSGのユニフォームやウェアなどを大胆に取り込んだアイテムがあったのだ(全てではない)。

同ブランドを立ち上げたフランス人の女性デザイナーはパリ在住。有名デザイナーを輩出している「セントラル・セント・マーチンズ」の出身で、『ボッテガ・ヴェネタ』、『ドリス・ヴァン・ノッテン』、『クロエ』、『エンポリオ・アルマーニ』といったブランドのもとで13年間働いた経験を持っているそう。

『Fashion Network』によれば、PSGをデザインに取り込んだ理由について語ったという。

「私がパリ・サンジェルマンを愛するのは、彼らがどのフットボールチームよりもはるかに魅力的なところです。

彼らには本当にシックなイメージがあり、私のブランドとの組み合わせをすごく気に入っています。

フランスにおける最も神話的なチームとの驚くべきコラボレーションになりました。

特にスポーツウェアビジネスの価値を考えれば、象徴的なクラブですよ」

【次ページ】まだまだあるぞ、PSGのアイテム!

パリファッションウィークで『KOCHÉ』というブランドが発表したPSGをネタにしたコレクション。まだまだあるぞ。

【次ページ】まだまだ見る!

パリファッションウィークで『KOCHÉ』というブランドが発表したPSGをネタにしたコレクション。