【詳細】CM映像、メイキングはこちら

全保連株式会社が、2017年度の新テレビCM「借りたい部屋がある」篇を、本日9月30日より全国(※一部地域を除く)でオンエアスタート。

昨年度CMより出演している岸部一徳に加え、今回はあらたに全保連の新イメージキャラクターとして、女優の福原遥を起用。 岸部の怪しい魅力と、 福原の瑞々しい演技によって、他のCMにはない独特な世界観を作り上げている。

なお、岸部はCM内でウッドベースをプレイ。かつてザ・タイガース、PYGなどのバンドで、名うてのミュージシャンとして一世を風靡した岸部のベースプレイの片鱗を楽しむことができる。

全保連ウェブサイトにて、テレビCM「借りたい部屋がある」篇とメイキングムービーの公開もスタート。 要チェックだ。

■ストーリー

お部屋を借りるために不動産会社にやってくるも、 不動産会社の社員(岸部一徳)に断られてしまった福原。 落ち込みながら街を歩いていると、後ろから声をかけて来たのは謎の路上ミュージシャン(岸部一徳・一人二役)。ウッドベースを弾きながらどんどん近づいてくるミュージシャン。「そんなときは、全保連がついている」という言葉を残し、その場から消えてしまう。

■岸部一徳の起用について

昨年度のテレビCM「じたばた篇」と「渡したくない篇」では、不動産オーナーの役を演じた岸部。 今年は、不動産会社の社員として、また、謎の路上ミュージシャンとしての役を演じる。伝説のベーシストとして名高い岸部のウッドベースプレイも本CMの見どころとなっている。

■福原遥の起用について

家賃債務保証業界で成長を続ける全保連と、「まいんちゃん」として子役の頃から活躍しながら、女優として着実に成長を続ける福原遥。「成長」というキーワードにおいて、両者ともに重なる面があることから、イメージキャラクターとして福原の起用となった。ひとつのCMの中で、落ち込んだり、驚いたり、ホッとしたりと、女優として様々な感情の表現に挑戦している点にも注目だ。

■撮影時の様子について

撮影は7月末、全保連株式会社の本社がある、真夏の沖縄で実施。立っているだけで汗だくになりそうな気温の中、スーツにアフロヘアーといった姿で役を演じた岸部。涼しげな表情でウッドベースに触れる姿を見て、スタッフ一同にどよめきが起こった。そして、岸部さんとは初共演の福原は、様々な感情が入り乱れる難しい役どころだったが、しっかりと演じ切った。岸部が暖かく見守る中、いつもとはひと味違うあらたな福原の魅力が映像として収められた。









全保連株式会社 OFFICIAL WEBSITE

http://www.zenhoren.jp/