レオナルド氏が再び監督に【写真:Getty Images】

写真拡大

 トルコ1部のアンタルヤスポルが、元鹿島アントラーズのレオナルド氏を監督に迎えた。公式サイトで2年契約が発表されている。

 1994年から96年まで鹿島でプレーした元ブラジル代表のレオナルド氏は、現役引退後にミランとインテルで監督を経験。その後、2011年から2013年にかけてパリ・サンジェルマンでスポーツディレクターを務めている。監督業は約6年ぶりだ。

 アンタルヤスポルは2015年にトルコ1部に昇格したクラブで、2016/17シーズンは5位だった。FWサミュエル・エトーやMFサミル・ナスリといった有力選手を擁しているが、今シーズンの序盤戦は成績がふるわず、ルザ・チャルンバイ前監督が先日解任されたところだった。

text by 編集部