ペップ安堵? 肋骨骨折のアグエロ離脱は2〜4週間程度か

写真拡大

▽アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが長期離脱を避けることになりそうだ。『ESPN』が報じた。

▽アグエロについては29日、オランダで交通事故に巻き込まれたことをクラブが発表。いち早く情報を伝えていたアグエロの母国メディアの『Clarin』によれば、肋骨を骨折していることで最低でも2カ月の離脱が見込まれていた。

▽しかし、『ESPN』が新たに伝えたところによれば、シティの医師がアグエロの状態を診たところ、当初の想定よりも良かったとのことだ。シティ関係者が『ESPN』に話したところによれば、2〜4週間での復帰を望んでいるという。

▽また、アグエロは自身のツイッターで今回の事故を報告している。

「乗車していたタクシーが運転を誤って棒に衝突した。強い衝撃だったけど、シートベルトをしていたから最悪の事態は避けられたよ」

「アムステルダムの病院のスタッフのケアとサポートに感謝したい。ありがとう。彼らのチームに脱帽するよ」

「肋骨が折れて痛いけど、元気だ。回復にしっかりと集中するよ。みんな、ありがとう」

▽アグエロは今季、リーグ戦で6得点を記録してリーディング首位タイに立っている。11月には、ナポリとのチャンピオンズリーグ(CL)グループF第4節やフェイエノールトとの同第5節、プレミアリーグのアーセナル戦などを控えているだけに、当初の見解よりも離脱期間が大幅に短くなったことが事実ならばジョゼップ・グアルディオラ監督も安堵しただろう。