ペップはリネカーとの対話で過去を振り返った

写真拡大

ペップ・グアルディオラはBBCで、ギャリー・リネカーが行ったインタビューの中でリネカーがFCバルセロナの選手としてプレーしていた時の逸話を明かした。

和やかなムードで行われたインタビューの最中、マンチェスター・シティの指揮官は当時、彼がカンプノウでボールボーイをしていた時にリネカーにユニフォームを求めたが、このイングランド人選手は彼にユニフォームを渡さなかった事を振り返った。

「知ってますか?あなたがバルセロナでプレーしていた頃、私はボールボーイでした。私はあなたがプレーしている時にボールを渡していたんです。覚えてますか?」
ペップはリネカーにそのように話した。

「私はいつも試合後、あなたにユニフォームをくれるよう求めました。そしてあなたは一度も私に渡す事を望みませんでした。一度たりともね。私はあなたを許さないでしょう。」

リネカーはグアルディオラの言葉に非常に驚いた様子を見せ、弁解を始めた。
「本当に?今、私はそれを自分がしなかった事に非常に気分が悪いよ。だけど、実は当時、クラブはユニフォームをプレゼントする事を我々に許可していなかったんだ。現在、クラブは選手達にたくさんのユニフォームを与えるが、当時はシーズンを通して同じユニフォームを使用する必要があった。」
このリネカーの弁解をグアルディオラは笑いながら受け入れた。