サウサンプトンのファン・ダイク photo/Getty Images

写真拡大

昨季後半は負傷で長期離脱し、今夏には移籍問題で揺れるなどサウサンプトンDFフィルジル・ファン・ダイクにはネガティブな話題が続いている。現在はサウサンプトンでベンチスタートとなっているが、それでもファン・ダイクがプレミア屈指のセンターバックなのは間違いない。

そのファン・ダイクがこれまで対戦した中で厄介だったストライカーの名前を2人挙げている。英『Squawka』によると、ファン・ダイクが名指ししたのはマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ、そしてリヴァプールFWダニエル・スタリッジだ。スタリッジは怪我もあって苦戦が続いているが、ファン・ダイクはその能力を高く評価している。

「スタリッジがフィットしている時は最も厄介なストライカーの1人だと思うね。彼は偉大なストライカーだよ。アグエロもアメイジングなストライカーだね。彼は小さくてスピードがある」

スタリッジはガラスの天才とも言われるように、才能は抜群だ。それはルイス・スアレスとのコンビでチームを優勝に近付けた2013-14シーズンに証明されている。コンディションが万全の状態であれば特別な違いを生み出すことのできる選手だ。ファン・ダイクが絶賛するのも当然か。