交通事故に遭ったFWセルヒオ・アグエロ

写真拡大

 交通事故で肋骨を骨折したマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロは当初の見立てよりも早く復帰できるかもしれない。アメリカ『ESPN』など複数メディアが報じている。

 28日にオランダのアムステルダムで行われたコンサートを鑑賞したアグエロは、タクシーで空港へ戻る途中に事故に遭遇。肋骨を骨折し、当初は6〜8週間の離脱と見られていた。しかし検査によると、恐れられていた重傷は回避しており、2〜4週間の欠場になるようだ。

 アグエロは検査後に自身のツイッター(@aguerosergiokun)を更新し、「クラブドクターの診察を終えてマンチェスターの自宅にいる。肋骨の骨折だった。痛みはあるけど元気だよ。回復に向けて集中する。皆さんありがとう」とコメントしている。


●プレミアリーグ2017-18特集