からだエイジング : 「エロス」は究極のアンチエイジング! 年齢不詳の魅力を身につけよ<前編>

写真拡大 (全5枚)

「若々しく見られたい」「いつまでも美しくありたい」と思うのは世の女性の常。しかし、80歳で20代のような容姿をたもつことは不可能であり、できたとしても違和感が際立ち人目に美しいとは言いがたいもの。では、美しく魅力的に年齢を重ねるには、どうしたら良いのでしょうか。老いと美、そして若さのカギとなる「エロス」について、アンチエイジング研究の第一人者である北里大学形成外科名誉教授・塩谷信幸先生にうかがいました。

 

人間の魅力は、女=「若さ」男=「仕事」の能力!?

アンチエイジングという概念が日本に根付いてまだ14年ほどですが、今では毎日のように、あらゆるメディアでこの言葉が踊っていますね。しかし、本来の意味で使われていることは、あまりないような気がします。

アンチエイジングとは「不老不死」という意味ではありません。健康寿命をいかにのばしていくか、というのがそもそもの目的。つまり、老いという自然現象とどう折り合いを付けていくか、ということなんです。とは言え、クレオパトラや楊貴妃などもそうであったように、若さを追求するのは古来からの人間の本筋。若くありたいということもまた、人間の自然な欲求なのです。ではなぜ、「若さ」がもてはやされるのでしょうか。

もともと日本には、古くから年配者を敬うという風潮があったので、それほど若さへの執着はなかったとされていますが、欧米では「女性の魅力=若さ」「男性の魅力=仕事の能力が高い」という考え方が根付いています。美容外科が盛んなのもそのため。

女性だけでなく男性も、就職活動のためにボトックスやヒアルロン酸注入で見た目の印象を良くしようとする人がいるぐらいですから。そうした流れを受けて、日本でもいつしか「女性の魅力=若く美しいこと」という考え方が波及していったわけです。

 

「エロス」は「美」と同義語! 異性の目を無視できない理由とは

若さや美しさというのは、本質的に「エロス」につながります。なぜかというと、男性は本能的に自分の子孫を残すためにパートナーを選んでいるからです。これは、やや生物学者的な考え方になりますが、ちゃんと子どもを産めるかどうかで相手を選ぶということは、若さや美しさ、そしてエロスを感じさせる女性のほうが魅力的にうつる、ということなのです。

ちなみにエロスとは、ギリシャ語で「美」と同義語。エロスを意識し続け、男性を惹きつけるような魅力を持ち続けることこそ、究極のアンチエイジングと言えるでしょう。

後編では、脳とエロスの関係、エロスのある女性でいるための秘訣をお伝えします。  

 

 

(文・坂井七緒美)