ドルトムント香川、アウクスブルク戦にスタメン予想 代表戦に向け弾みをつけられるか

写真拡大

今季初ゴールを決めたハンブルガーSV戦以来リーグ戦2試合ぶりの先発へ

 最新の日本代表メンバーにも招集されたドルトムントのMF香川真司が30日に行われるブンデスリーガ第7節の敵地アウクスブルク戦の予想先発に名を連ねた。

 ここまでドルトムントは5勝1分の勝点16、得失点差18とクラブ史上最高のスタートでリーグ首位を快走している。今節のアウクスブルクにはリーグ戦で過去に4勝2分で負けなしと相性の良さが光る。

 クラブ公式サイトによる予想先発に名を連ねた11人はGKビュルキ、DFピシュチェク、ソクラティス、バルトラ、トリアン、MFヴァイグル、ダフード、香川、FWヤルモレンコ、オーバメヤン、プリシッチだ。

 香川は先発となれば今季初ゴールを決めた20日のハンブルガーSV戦以来2試合ぶりとなる。代表戦に向けて弾みをつけたいところだろう。

 UEFAチャンピオンズリーグではトットナムとレアル・マドリードに完敗するなど欧州の舞台では苦戦するドルトムントだが、国内では無類の強さを発揮する。開幕スタートダッシュの勢いを継続することはできるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images