「彼氏」ならぬ「仮氏」って!? “新しい恋愛スタイル”うれしい4つのメリット

写真拡大

「仮氏」という言葉をご存知ですか?

添い寝フレンド=“ソフレ男子”に実態を直撃! 本当に添い寝だけで満足できているの?

名称から推察できるように仮の彼氏。別の言い方をするとキープしている男子のこと。もしくはボーイフレンド、男友達のことです。

彼氏がいると面倒くさくても、仮氏ならラクな部分がでてきます。

今回は、そんな「仮氏」をつくるメリットをご紹介いたします。

仮氏ってなに?

仮氏とは“仮の彼氏”のこと。

様々な事情で仮氏をつくる方は多いはず。たとえば出会いを求めていたときに、たまたま知り合いアプローチされたから「一応」付き合ってみる。

結婚相手としては考えられないけど、彼氏がいないよりかはマシだから「仮」で彼氏をつくっておく。あるいは、しばらくは仕事だけに集中していたいから、都合がいいときに会ってくれる仮氏を複数囲っておく。

人それぞれ仮氏の使い方は違いますが、念のため男性をキープしておく状態を仮氏と表現します。

仮氏のメリットって?

女性らしさをキープできる!

仮氏をつくっておくメリットとしては、やはり女性らしさも維持できること。

たとえばキャリア志向が強く、しばらくは特定の人と深い関係になりたくなくても、デートをまったくしないまま、ずっと仕事だけをするのは危険。

ただでさえ女性のオス化が進んでいるのに、デートの時間が0になるのは避けたいはず。そこで活躍してくれるのが仮氏の存在です。

一応、仮の彼氏であっても、都合がいいときに会ってくれるなら、寂しい気持ちもうまく紛らわすことができるでしょう。

一人ではなく、デートをしてくれる人を複数人常にキープしておけば、たとえ独身生活が続いても、女性らしさを失うことはありません。

仕事に集中できる

あくまでも仮氏ですから、正式な彼氏ではありません。

そこまでのめり込む必要もなく、仕事が忙しければ放っておいてもいいでしょう。

相手も自由な人でお互いに「仮」の関係という認識があるなら、なおさら都合がいいはず。

仕事で結果をだしたいときに彼氏をつくっていると、彼の存在が足かせになったり、彼のせいで行動に制限がかかったりと、モヤモヤする日々が続きます。

でも仮氏だったら、そこまで深く関わらせなければいい話。放っておいて、たとえ他の女性に夢中になられても、他の仮氏くんに声をかければいいのです。

束縛されず自由にデートを楽しめる

仮氏は、別の表現をするとボーイフレンド、男友達。

お互いにあくまでも友情が第一優先で、お互いの合意のうえデートをしているだけ。つまり、一人の人に留まる必要はなく、素敵な人がいれば、その人ともデートをし、女性らしさに磨きをかけられるのです。

彼氏の場合は、そんなことをした時点で「浮気」と認定され、いろいろとトラブルへと発展しかねません。

しかし、仮氏が複数人いても、みんな男友達であって、特定の恋人ではないですから、自由にデートを楽しめます。

色っぽさも身にまとえる

恋をして、彼氏ができて。

通常のお付き合いを楽しまれているカップルさんもとても素敵です。

ただ、独身を貫きながらも特定の恋人をつくらず、自由に男友達とデートしている女性もなかなかカッコいい。

どちらかといえば、前者のタイプが大半で後者はイレギュラーなタイプ。だからこそ、本人にしか身にまとえないオーラがあって、横顔もどこかミステリアス。

そんな彼女の雰囲気に、また引き寄らせられてしまう男性がいるのでしょう。

独身でも色っぽさがあるって、最強!きっと特定の人をつくらないからこそ、表へとにじみでるオーラもあるんでしょうね…。


いかがでしたか?

仮氏をつくるメリットはたくさんあります。

もちろん、特定の恋人がいるからこそ感じられる幸せもあります。

どんな恋愛のスタイルがいいかは自分次第。どんな道を選ぶかは、じっくりと慎重に考えて。今の自分にとって一番居心地のいいスタイルを築き上げましょう!