頭髪の健やかさは適切な生活習慣のもと得られるもの。では適切な生活習慣さえ守っていれば頭皮の健やかさは保障されるかといえばそうではありません。頭髪は食事から得た栄養素をもとにつくられています。つまるところ、食事から十分な栄養を補給しなければ頭髪の健やかさどころか、薄毛の原因となってしまうことも。そうならないために、頭髪にもっと元気を届ける、育毛に効く食べ物について紹介したいと思います。

カプサイシンと一緒に摂りたい「大豆食品」

髪の毛はたんぱく質、ビタミン、ミネラルをもとにつくられているといわれています。豊富なたんぱく質が含まれている大豆食品を食べることで、髪の毛の材料のひとつ、たんぱく質を効果的に補給できるのがまずひとつ。更にイソフラボンが含まれていることで知られる大豆食品には、とうがらしなどに含まれるカプサイシンと一緒に摂ることで、インスリン様成長因子、通称IGF-1という物質を増加させ、育毛効果が期待できることも報告されています。具体的にはIGF-1が増加することで毛髪サイクルの延長、休止期の短縮、毛髪たんぱく質量増加といった効果が期待できます。育毛の強い味方IGF-1を増やすために、豆腐とキムチといった組み合わせで大豆食品とカプサイシンを一緒に摂ってみてはいかがでしょうか。

"フコイダン"パワー「海藻」

豊富なミネラルが含まれていることで知られる海藻。よく巷で海藻は髪に良いといわれていますよね。確かに海藻には育毛に効果的な有効成分が含まれています。というのも海藻にはフコイダンという有効成分が含まれており、上記の大豆食品+カプサイシンと同様、IGF-1を増やす働きが期待できるのです。育毛効果が期待できるIGF-1の増加、つまり海藻を食べることでわたしたちは育毛効果が期待できるというわけです。

ビタミンミネラル補給に「ナッツ・レバー・牡蠣」

髪の毛がつくられる過程で必要となるビタミンミネラル群。特に男性は亜鉛が不足しがちな傾向にあるので十分に摂取しておきたいところ。豊富な亜鉛、そしてその他ビタミンミネラルの補給にはナッツ、レバー、牡蠣といった食品がおすすめです。ナッツには亜鉛やビタミンE、不飽和脂肪酸が含まれています。レバーには亜鉛、鉄分、ビタミンA・B2・B6が含まれています。牡蠣には亜鉛、ビタミンB1・B2、タウリンが含まれています。いずれも健やかな頭髪環境、及び育毛に欠かせない栄養素です。育毛に努めている方は積極的に食べるようにしましょう。


writer:サプリ編集部