先手を打って解散、のはずが強烈なカウンターを浴びた格好になっている安倍首相(右)。選挙後の4つのシナリオとは?(写真:日刊現代/アフロ)

今年5月、ジョン・アイケンベリー教授(米国プリンストン大学)は外交専門誌”Foreign Affairs”に寄稿して、「国際秩序を守る試みは、日本の安倍晋三とドイツのアンゲラ・メルケルという2人の指導者の肩に懸っている」と喝破した。ドナルド・トランプ大統領の暴虐によって、自由な国際秩序は危機に瀕している。リベラル派の良心と呼ばれる国際政治学者は、そのことを憂えて日本とドイツの両首相にラブコールを送ったのである。

「小池」「前原」から返し技を食らった安倍首相

ところがその日本とドイツの政治が今月、相次いでトラブルに見舞われている。

9月24日に行われたドイツの総選挙は、メルケル首相率いるCDU・CSUが順当に勝利した。しかしよく見れば得票率は4年前よりも減っているし、さらに大きく減らした社会民主党は早々に連立からの離脱を宣言した。しかも極右政党「ドイツのための選択」が大躍進しているので、今後の連立工作には思い切り苦労しそうである。

そして日本では安倍晋三首相が、9月28日に招集した臨時国会で「冒頭解散」という技を繰り出したところ、小池百合子都知事から「『希望の党』の立ち上げ」、前原誠司代表から「民進党の解党・合流」という返し技を食らってしまった。いわば「大義なき解散」が、「大義なき国政進出」と「大義なき解党・合流」というツープラトンの逆襲を受けた形である。

なにより「安全勝ち」を目指した安倍首相の一手が裏目に出て、かえって尻に火がついているからショックは深い。今春、英国のテリーザ・メイ首相が「ブレグジットに対する国民の信を問う」と訴えて、自信満々で解散に打って出てものの、保守党が見事に過半数割れしてしまったことと微妙に重なって見える。

海外の投資家の中には、これまで「日本市場はリターンが低いが、政治が安定しているから買える」と考えていた向きが少なくない。日本市場は海外経済や地政学リスクなどの外的要因には左右されやすいが、国内的な不透明性は低い。つまり「安定した安倍政権の下でこれからもアベノミクスが継続され、円安と株高がまだまだ続く」というシナリオを描くことができたわけである。

ところが今の日本には、理解しにくい独自要因が発生してしまった。今の政治状況を外国人にどのように説明すればいいのだろう。いや、それ以前に「小池劇場」が連日大賑わいで、明日にも何が起きるか分かったものではない。そこで途中経過には目をつぶり、10月22日の投開票日にどんな結果が出るか、4つのシナリオを作ってみた。

「4つのシナリオ」で最も可能性が高いのは?

1)与党大勝利シナリオ:自公で310議席(2/3以上)をキープ

今回の衆院選では小選挙区が6、比例区が4減員となり、合計465議席となる。ところが選挙前には自民が287、公明が35、合計322議席もあったので、なんと12議席減らしても3分の2議席を超える大勝利ということになる。何とも虫のいい話に思えるが、確率的には10%程度だろうか。
 この場合、第4次安倍内閣は国民の信を得て安定するが、安倍首相は自信満々で憲法改正に突き進もうとするだろう。経済界としては、かならずしも望ましくはない。

(2)与党逃げ切りシナリオ:自公で233議席(過半数)確保。希望の党が最大野党に

 安倍首相が「勝敗ライン」とする与党の過半数は、なんと89議席減らしても達成できてしまう。ゆえに確率的には60%といったところか。もっともこの場合、自民党内は大荒れとなり、1年後の総裁選挙に向けて「岸破聖太郎」などによるポスト安倍レースが始まるだろう。すなわち、弱い安倍政権の誕生となる。

 投資家目線で言えば、「アベノミクスの継続」が確定するので市場は株高、円安に向かうだろう。かねてからの筆者の持論だが、日本経済にとっては「弱い安倍政権」がベストなのである。

(3)大連立シナリオ:自公が過半数割れし、希望の党が連立に入って安倍内閣が継続

民進党の人たちは嫌がるだろうが、小池都知事の頭の中ではこういうシミュレーションもとっくに済んでいるだろう。確率は25%としておこう。
この場合は文字通りの不透明相場となる。希望の党はそもそも政党としてのガバナンスがなさ過ぎるので、小池代表に直言できる人が誰も居ない。最側近と言われている若狭勝、細野豪志両前衆議院議員でさえ、1日でハシゴを外されてしまう。つまりは感じのいい小沢一郎みたいな存在だ。ただし次にはもっとすごいシナリオもある。

(4)大波乱シナリオ:自民党が下野。希望+民進+維新+公明連立により小池首相就任

小池さんは今のところ都知事を辞めないと言っている。とはいうものの、最終判断は10月5日の都議会閉会時に下すだろう。小池人気がいつまでも続かないことは、彼女自身がいちばん意識しているはず。だとしたら、勝負をかけるのは早いうちの方がいい。「あら、橋下さん、あなた代わりに都知事をやってくださらない?」てなこともあるかもしれませんぞ。確率は5%としておこう。
  
 この場合、アベノミクス終了を受けて市場では円高、株安が進行するだろう。ただし参院は242議席中自民党が126議席と単独過半数である。まことに残念なことに、この「ねじれ国会」は2019年7月の次の参院選まで解消しない。懐かしや「決められない政治」がわが国に戻ってくることになりそうだ。

北東アジアで地政学リスクが高まるのは12月

選挙後の政治日程についても簡単に触れておこう。10月22日に衆院選の投開票が行われると、約1週間後に特別国会が召集される。そして首班指名、新内閣の発足の運びとなる。11月4日にはトランプ大統領が訪日することになっていて、安倍首相としてはそれまでにピッタリ日程を合わせられると踏んでいたのであろう。が、一寸先は闇。トランプ大統領は大好きなシンゾーとゴルフができないかもしれないのだ。

もう一点。10月18日から中国共産党大会が行われる。これが終わると、第2期習近平体制が発足することになる。そこへトランプ大統領の訪中があり、APEC、東アジアサミットなどの外交シーズンが到来する。米中首脳は会談を重ねることになるだろう。北朝鮮問題で動きがあるとしたら、その後ということになる。北東アジアで地政学リスクが高まるのは12月と予言しておこう。

○今後の政治日程
9月28日(金) 衆院解散
10月5日(木) 都議会が閉会→小池都知事の辞任&衆院出馬?
10月10日(火) 衆院選告示
10月18日(水) 中国共産党大会始まる
10月22日(日) 投開票日
10月30日(月)頃 特別会招集
→首班指名→組閣など一連の手続き
11月4-6日 トランプ大統領訪日
11月10-11日 APEC首脳会議(ベトナム、ダナン)
11月14日 東アジアサミット(フィリピン、パンパンガ州)

週末は秋のG1初戦、スプリンターズステークス(10月1日、中山競馬場11R、芝1200m)が行われる。このレース、人気薄が3着内に飛び込んで、馬券を握りしめたファンがゴール前で茫然、ということがめずらしくない。

となれば3連単か3連複で、高額配当を狙いたくなるのが人情というもの。今年も有力馬が多くて難解この上ないレースとなっている。

1番人気は昨年の覇者レッドファルクス。このレースは例年、1番人気はそこそこ堅い。ただし過去に連覇したことがあるのは、あの「世界のロォ〜〜ドカナロア!」(正式名はロードカナロア、ラジオ日経の小林雅巳アナウンサーの実況で有名)だけというのが気にかかる。4〜5歳馬が勝つことが多いレースなので、6歳馬となったレッドファルクスは一段評価を下げることにしたい。

スプリンターズSは4歳馬セイウンコウセイを狙い目に

そこで狙い目とするのは4歳馬のセイウンコウセイだ。高松宮記念を勝っており、春秋のスプリントG1制覇が懸っている。500キロ前後と、馬体が大きいのもこのレースには良い傾向だ。2枠3番という絶好枠を引いて、鞍上の幸英明騎手も「よっしゃあ!」と思っているはずだ。

当日は上記2頭のいずれかを軸に、3連複で薄めに流す作戦で臨みたい。このレースは牝馬が侮りがたいので、相手には高松宮記念2着のレッツゴードンキ、4連勝中のダイアナヘイロー、中山の1200mで2勝を挙げているワンスインナムーンを指名しておこう。

そして週末の同日にはフランスで凱旋門賞も行われる。日本から参戦しているサトノダイヤモンドはあんまり調子が良くなさそうだが、ここは力を入れずに静かに見守ることにしたい。日本競馬界にとって世界の頂点は、もうそれほど遠いところにはないのだから。