肋骨骨折のアグエロ、当初報道よりも軽傷か 離脱期間は2〜4週間と英メディア報道

写真拡大

オランダでタクシー事故に巻き込まれ、肋骨を骨折するも当初ほどの重傷ではない模様

 マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロはオランダの首都アムステルダムでタクシー事故に巻き込まれ、肋骨を骨折した。

 長期離脱は確実と見られていたが、英衛星放送「スカイ・スポーツ」は離脱期間が2週間から4週間と当初の見込みよりは短いだろうと報じている。

 アグエロは事故直前、自身のインスタグラムでコロンビア人の人気歌手マルマとの2ショット写真を掲載している。アムステルダムでマルマのコンサートを鑑賞し、マンチェスターに戻るための空港に向かう途中に事故に遭遇したものと見られている。

 アグエロを乗せたタクシーは中央分離帯の電柱に激突。車両の前面部分はぐちゃりと潰れるなど激しく損傷していた。

 しかし、最新のレポートによれば、アグエロの負傷は当初恐れられていたほどの重傷ではなく、「スカイ・スポーツ」は離脱期間は最大でも4週間ほどだとしている。まさに不幸中の幸いと言える朗報となった。

「シートベルトのおかげで…」

 アグエロは事故後に英語とスペイン語でツイッターを更新。「支えてくれるメッセージをありがとう。それらが本当に励みになります」とサポーターに感謝を述べた後には「僕が乗っていたタクシーはカーブで運転を誤り、ポールに激突してクラッシュした。とても激しくぶつかったけど、シートベルトのおかげでより悪い事態になることを防ぐことができた」と事故時の状況を鮮明に語っている。

 さらに笑顔を浮かべる写真も投稿し、「クラブドクターの検診も終わってマンチェスターの家に戻ってきた。肋骨の骨折だった。まだ痛むけど、状態は良いよ。リカバリーに集中している。ありがとう」とポジティブなメッセージも綴った。シティのサポーターやファン、そしてアルゼンチン国民もほっと胸をなでおろしたことだろう。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】アグエロが公式ツイッターに投稿した笑顔のサムアップ姿


アグエロが公式ツイッターに投稿した笑顔のサムアップ姿