17-18フランス・リーグ1第8節、ASモナコ対モンペリエ。試合後、ピッチを後にするASモナコのレオナルド・ジャルディム監督(2017年9月29日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】17-18フランス・リーグ1は29日、第8節の試合が行われ、ASモナコ(AS Monaco)は試合終了間際にスレイマネ・カマラ(Souleymane Camara)のゴールを許し、モンペリエ(Montpellier HSC)と1-1で引き分け、首位浮上のチャンスを逃した。

 モナコは前半38分に好調のラダメル・ファルカオ・ガルシア(Radamel Falcao Garcia)のゴールで先制したが、土壇場でモンペリエのカマラに得点を奪われ、ホームでまさかの勝ち点を落とした。

 モナコはこの結果、勝ち点で首位パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)に並んだものの、得失点差で下回り2位のままとなった。PSGは30日にホームでボルドー(FC Girondins de Bordeaux)と対戦する。

 26日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2017-18)では、FCポルト(FC Porto)に0-3で敗れているモナコのレオナルド・ジャルディム(Leonardo Jardim)監督は、「当然満足していない。勝利という目標を達成できなかったからね。これらの責任は私にある」とコメントした。
【翻訳編集】AFPBB News