「ガイアックス」上田祐司社長

写真拡大

 旅行者に自宅を民泊用として貸し出す「Airbnb」、自家用車をタクシーのように手配できる「Uber」。そんなシェアリングエコノミーの新たなジャンルとして昨今、注目を集めるのが、「民旅」。旅先の地元住民たちが旅行代理店に代わって独自のツアープランを企画、提案できるシステムだ。

 その旗振り役となっているのが、’15年6月にオープンし、地元住民と旅行者の交流の場となっている地域体験予約サイト「TABICA(たびか)」。

 果たして、「民旅」とはいかなるものなのか? 旅先の住民がプランニングするツアーとはどのようなものなのか? TABICAの運営元である「Gaiax(ガイアックス)」代表執行役社長CEO上田祐司氏を直撃した。

――まずはTABICAというサービスを始めたきっかけを教えてください。

上田祐司(以下上田):僕、社員と田舎によく遊びに行くんですが、そこで現地の方々とよく交流させていただいて、それがめちゃくちゃ新鮮なんです。山を登ったり、木を切ったりするだけなのに、他のあらゆるエンターテインメントより面白い。

――自然で楽しむのは、田舎ではよくある光景な気もしますが。

上田:確かに、現地の人にとっては普通なんです。でも、それが旅行者には新鮮で、そのあたりをうまく伝えたいなぁと思って。それがきっかけですね。実際に事業化させたのは私ではなく、ウチの社員ですが、ただ私自身もここ4〜5年は、毎年2、3回、横浜に住む知り合いのおじいちゃんの家で農業体験をしていて。バーベキューをしたり、ジャムを作ったり、そこのおじいちゃんと雑談したり。やっぱりのんびりしていますね(笑)。

――今年9月時点でTABICAでツアーを提供するホストは約2500人もいます。関東圏が多いようですが、上田さんもツアーに参加されたりしますか?

上田:はい。どうしても関東メインになってしまいますが、行きますね。つい最近も、酪農家さんのもとで、乳搾りをさせていただきました。何度か訪れたこともある酪農家さんのなんですが、目的は乳搾りというより、そこの社長さんと、「奥さんとうまくやってますか」とか無駄話すること(笑)。地元のコミュニティに招き入れてもらっているつもりですね。

――ゲスト(ツアー参加者)やホストを増やすために行っていることはありますか?

上田:大事にしているのは「世界観」。メンバーともよくディスカッションしますが、ゲストの方々にはTABICAを普通の旅行ツアーだと思ってほしくない。ただのお客さん、観光客気分だと、受け入れる側のホストの方も「そんなつもりじゃなかった…」って気になるんです。

――それはなぜでしょうか?

上田:シェアリングサービスが、そもそも人と人との交流の上に成り立つものなので、思いやりとか関係性がないと意味がない、と僕は思うんです。結局、そこで生まれた人間関係が口コミだったり、提供するサービスの満足度にも繋がる。民泊でも、使用済みのタオルをそのままにして帰ってしまうゲストの方がいるそうですが、それはダメ。

 だって、ホストの方は、ただの宿泊施設として自宅を提供しているのではなく、そこで生まれる人と人との会話や交流も含めて大事にして提供していますから。

――その点では、日本におけるシェアリングサービスに対する世間の意識はまだまだ浸透しきっていないのかもしれませんが、どのようにお考えですか?

上田:もちろん、とりわけ日本人のなかには抵抗感を覚える人もいるでしょう。ただ一方で、マンションの隣の住人が、誰なのかわからず、醤油の貸し借りもできなくなったのはここ数年の変化。

 時代を遡れば、江戸時代には五人組制があって、隣人との共同体が存在した。人間の根底は変わっていないというか、きっかけさえ与えることができれば、すぐにシェアリングサービスの考えは浸透すると思います。

――今はスマホの普及で赤の他人同士の結びつきも強まっています。

上田:そう。今はスマートフォンを全員が所持している。ソーシャルメディアの発達で赤の他人の発言への抵抗感が薄れている。親や友達の推薦するレストランより、食べログのコメントを信用してしまうようになってきたのが、その最たる例です。

――今後のTABICAの展開についてどう考えていますか?

上田:現在、毎月数千人のユーザー様にご利用いただいていますが、1〜2年後にはこれを数万人規模にまでに増やしたい。2020年の東京オリンピック開催に向けたインバウンド特需もありますし、訪日外国人の方々にもっと日本を楽しんでもらいたいですね。

 最終目標としては、どこかへ遊びに行くとき、そこの地元に住んでいる赤の他人とTABICAを通じて知り合いになって、遊べるような世の中になってほしいですね。

※次回「ベンチャー企業に大事なのは『何としてでも理想の世の中を作る』意志」は近日公開予定

<取材・文/井野祐真(本誌)>