28日、環球網は、カタール航空が台湾人の乗組員に対して、国籍表記を”Chinese”に改めるよう要求したと台湾メディアが報じたことを伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年9月28日、環球網は、台湾メディアの報道を引用して、「カタール航空が台湾人の乗務員に対して、国籍表記を“Chinese”に改めるよう要求した」と伝えた。

記事は、台湾・民進党寄りのメディアによる報道として、「エミレーツ航空が5月に台湾人乗組員に対して中国国旗のバッジを着用するよう求めたのに続き、カタール航空も台湾人乗組員の国籍表記を“Taiwanese”から“Chinese(TWN)”に改めるよう要求した」などと紹介した。

報道によると、カタール航空の台湾人乗務員が台湾メディアに対して投書を行ったことで、今回の件が浮上。乗務員は「約1週間前、通知もないまま国籍表記が変えられていたことに気づいた。会社に不満を伝えたところ、『中国の関係部門から要求があった』と回答された」としている。

この件について同航空の台湾代理店はコメントを避け、台湾民航局は「同航空は台湾に就航していない」としたうえで、「もしそのようなことがあったとすれば、行政院大陸委員会(※台湾の対中国本土業務を行う部署)と協議のうえ処理する」とコメントしている。

5月にエミレーツ航空が台湾人乗組員に中国国旗のバッジ着用を要求したとの情報が流れた際には、台湾から抗議やボイコットの声が相次いだ。その後、同航空の広報担当者は「送信したメールにミスがあった」と釈明したうえで、要求を否定するコメントを出している。(翻訳・編集/川尻)