審判に“レッドカード”!?トルコの主審、3週間職務停止に

写真拡大

先日行われたトルコ1部リーグ第6節でのフェネルバフチェとベシクタシュのダービーマッチでは、リカルド・クアレズマを含め5人の選手が退場になる大荒れの展開となった。

この試合を裁いた36歳のアリ・パラビユク主審が一時的な職務停止となったようだ。

『SABAH』などによれば、ダービーでのジャッジングについて、MHK(トルコの審判委員会)はかなり低い評価を与えたという。

その結果、同主審はリーグ第9節までの3週間職務停止になるとのこと。その後復帰するとされているが、前半戦終了時に再びジャッジングについて評価を受けることになる。