判定負けを喫し、コーナーでぼう然とする天笠

写真拡大

 ◇WBOアジア・パシフィック・フェザー級王座決定12回戦 ○同級5位 リチャード・プミクピック 判定 同級4位 天笠尚●(2017年9月29日 後楽園ホール)

 元日本、元東洋太平洋フェザー級王者の天笠が引退を表明した。序盤から飛び込んで強打を振るう相手に押され、2〜6点差の0―3判定負け。「攻撃の糸口がなかなかつかめなかった」と振り返り、「これで引退になると思う。やりきった感は強い」と話した。

 14年12月にWBA世界スーパーバンタム級スーパー王者リゴンドー(キューバ)からダウンを2度奪い世界を驚かせたが、「これが僕の今の実力」と認めた。