韓国平沢市政府の関係者が26日明らかにしたところによると、同市平沢港にあるHANA免税店が今月30日に営業を停止して閉店する。過去約半年間に同国で閉店した唯一の免税店だ。

写真拡大

韓国平沢市政府の関係者が26日明らかにしたところによると、同市平沢港にあるHANA免税店が今月30日に営業を停止して閉店する。過去約半年間に同国で閉店した唯一の免税店だ。新華社が伝えた。

同店は総面積が441平方メートルに上り、毎年平沢市に18億ウォン(約1億7700万円)の賃料を支払っていた。平沢港を経由して同国に入国する外国人観光客が急減したため、同店の売上高も激減していた。

同店は同市政府に賃料の値下げを求めたが、拒絶されたため、閉店のやむなきに至った。

韓国銀行が今月初めに発表したデータによると、韓国を訪れる団体旅行客が大幅に減少しており、韓国の上半期の航空輸送事業収支は過去最高の赤字を記録したという。(提供/人民網日本語版・編集KS)