“65”のビッグスコアを叩き出した石川(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ウェブドットコムツアー選手権 2日目◇29日◇アトランティックビーチCC (6,849ヤード・パー71)>
来季の米国男子ツアーへのシード権を目指し、入れ替え戦の最終戦「ウェブドットコムツアー選手権」に臨んでいる石川遼。イーブンパーの94位タイから出た第2ラウンドで8バーディ・2ボギーの“65”を叩き出し、スコアを6アンダーまで伸ばしホールアウトしている。
丸山茂樹の息子・奨王がジュニアプレジデンツカップに出場
予選突破のためにも、できるだけスコアを伸ばしたい石川。初日にダブルボギー、さらに“7”を叩いた2番パー4と3番パー3をパーでしのぐと、6番、7番のパー5でともに2オンに成功し、連続バーディをゲット。さらに9番でもバーディを奪い、前半だけで3アンダーまでスコアを伸ばした。
後半に入っても11番、12番で連続バーディを奪うなど順調にスコアを伸ばした石川だったが、13番でこの日初めてのボギー。しかし、来季の米国男子ツアーのシード権を獲得するためには予選突破が必要な石川は、15番からの4ホールで3バーディ・1ボギーと奮闘。結局、“65”のビッグスコアをマークし、トータル6アンダーで第2ラウンドを終了した。
現時点の首位は、17アンダーのサム・ソーンダース(米国)。4打差の2位タイにジョナサン・バード、ブロンソン・バーグーン(ともに米国)、5打差の4位にキース・ミッチェル、(米国)が続いている。
来季の米国男子ツアーのシード権を獲得するには、全4戦の入れ替え戦での賞金ランクで25位以内に入ることが必要。今大会の開幕前まで賞金ランク22位だった石川は、20位以内でフィニッシュすれば賞金ランク25位以内に入れる見込みとなっており、予選突破が大前提。現在の予選カットラインは4アンダーとなっており、午後組のプレー次第だが石川の予選通過に光が見えた状況だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼、ふがいないプレーに涙「積み重ねてたものが全部なくなってしまう」
石川遼生き残りをかけた戦い!ウェブドットコムツアー・ファイナルズ特集
運命の入れ替え最終戦 石川遼はオッズ67倍の評価
日本オープン出場の石川遼がコメント「日本でプレーできるのが楽しみ」
藤田光里が語る 石川遼との思い出