中指を立てたデレ・アリが1試合の出場停止と罰金処分…スロベニア代表戦を欠場

写真拡大

▽中指を立てた行為が問題視されていたトッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが、FIFA(国際サッカー連盟)から1試合の出場停止処分と罰金を科されることが明らかになった。イギリス『BBC』が報じた。

▽デレ・アリは、9月4日に行われたロシア・ワールドカップ欧州予選のスロバキア代表戦において、トッテナム時代のチームメイトであるDFカイル・ウォーカー(現マンチェスター・シティ)に向けて中指を立てていた。これが「攻撃的かつ非難的」な行為とされ、デレ・アリは1試合の出場停止に加え、5000スイスフラン(約58万円)の罰金処分が科された。

▽これにより、イングランド代表に招集されていたデレ・アリは10月5日に行われるロシア・ワールドカップ欧州予選のスロベニア代表戦を欠場。8日に行われるリトアニア代表戦は出場可能となる。