オランダのアムステルダム国立美術館で、同国出身の画家レンブラントの作品「夜警」を鑑賞する来館者(2013年4月4日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オランダ政府が、学校の生徒らに同国出身の画家レンブラント(Rembrandt)の傑作「夜警」の鑑賞と、国会への訪問を義務付けることを検討している。現地紙テレグラフ(De Telegraaf)が28日、報じた。

 テレグラフの報道によるとこの案では、学校側は生徒を在籍中に最低1回、レンブラント作品を収蔵するアムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)と下院議会に連れて行かなければならないという。

 また同紙は関係筋の証言として、「自由民主党(VVD)、キリスト教民主勢力(CDA)、民主66(D66)、キリスト教連合(CU)による連立政権において、この件で合意に達した」と伝えた。

 ただこの案を強く支持する中道右派のCDAが、「オランダの規範と価値」「オランダの独自性」について言及したことにより、一部で議論を呼んでいる。

 さらにCDAのシブランド・ブマ(Sybrand Buma)党首は学校での国歌斉唱の義務化も求めているが、地元紙などは実現の可能性は低いと報じている。
【翻訳編集】AFPBB News