60代夫婦の老後の趣味は「コスプレ」! 手作り衣装で仲睦まじく楽しむ姿にほっこりします♡

写真拡大

アメリカ・南カリフォルニアに暮らす熟年カップル、スティーブン・タニさんとミリー・タニさん夫婦は結婚して27年。ふたりの共通の趣味はコスプレです。

コスプレ専用のフェイスブックページ「CosplayParents」を開設し、仮装する日々を楽しんでいます。思いっきりコスプレライフをエンジョイしているし、なによりとーっても仲が良さそうだしで、こんな夫婦になりたいと憧れちゃうんですよね♪

【きっかけは3年前のハロウィンでした】

海外サイト「Mashable」のインタビューによれば、タニさん夫婦がコスプレに出会ったのは3年前。ハロウィンイベントに参加するために、10年間のキャリアを持つベテランコスプレイヤーの娘に、いろいろと教えてもらったのだそうです。

【周囲からホメられたことでコスプレにハマる】

「自分たちに似ているから」という理由で、ファースト・コスプレには『カールじいさんの空飛ぶ家』のカールとエリーを選んだというタニさん夫婦。「元々シャイだったので、写真を撮らせてほしいと言われたときはビックリしてしまった」と話していますが、これがいいきっかけに!

周囲からの反応が良かったことで、すっかりコスプレにハマった2人は、現在に至るまで様々なイベントや大会に参加。つい先日はビッグイベント、ロサンゼルスの「コミコン」にも足を運んだらしく、フットワークの軽さに驚かされます。

正確な年齢を明かしてはくれなかったようですが、2人は60代。退職してからの趣味が「夫婦そろってコスプレすること」って、最高に微笑ましくないですか……!

【生きがいを見つけたんですね♡】

衣装を作るのにかかる時間は、2カ月。既に持っているアイテムを活かしつつ、「Etsy」などのショッピングサイトであれこれ購入したりしているのだそうで、ミリーさんが衣装作りを担当しているとのこと。

「アジアの高齢カップルに、周囲がどんな反応をするのかわからなかったけど、たくさんの人が私たちを歓迎してくれましたし、新しい友人も増えました」
「健康である限りコスプレを続けたいし、この “黄金時代” をエンジョイしたいと思っています」

こちらはタニさん夫婦が「Mashable」に寄せたコメントです。生きがいを見つけた!という思いをひしひしと感じますし、そんな2人が正直うらやましく思えちゃいます。これからの人生が、ますます豊かなものになりますように〜♪

参照元:Facebook、Mashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画・画像を見る