▽DUARIG Fリーグ2017/2018第19節の3試合が29日に各地で行われた。

◆ヴォスクオーレ仙台vsフウガドールすみだ

▽カメイアリーナ仙台で行われたヴォスクオーレ仙台vsフウガドールすみだは、ゴールレスで迎えた後半から乱打戦となる。24分にFPマルロンのゴールでリードを許したすみだだったが、24分と34分にFP清水誠也、35分にFP栗本博生のゴールで形勢逆転。36分にも清水和也にハットトリックとなる一発が生まれたすみだが、その後の仙台の反撃をFP内野脩麻の1得点にとどめ、4-2の逆転勝利を収めた。

◆デウソン神戸vsバルトラール浦安

▽大阪市中央体育館で行われたデウソン神戸vsバルトラール浦安は、13分に動く。FP加藤竜馬のパスからFP星翔太のゴールで先制した浦安は、19分にFP野村啓介のパスがそのままゴールに吸い込まれて2-0。21分にもFP石田健太郎の落としからFP青山竜也のゴールで3点目を奪い、浦安が神戸に3-0と快勝した。

◆シュライカー大阪vsペスカドーラ町田

▽大阪市中央体育館で行われたシュライカー大阪vsペスカドーラ町田は、緊迫感のある好ゲームとなる。5分にFP金山友紀のゴールで先制した町田は、続く9分にFPダニエル・サカイの一発で2点リードに成功。追う大阪も2点ビハインドで迎えた27分にFPチアゴのゴールで追走するが、町田が1点のリードを守り抜き、2-1で勝利している。