スペイン代表監督ロペテギが招集リストを発表

写真拡大

スペイン代表監督のフレン・ロペテギはロシアW杯2018の欧州予選グループGのラスト2節、アルバニア戦(10月6日)とイスラエル戦(10月8日)に向けた招集リストを発表した。

ロペテギは招集リストに渦中のFCバルセロナのセンターバック、ジェラール・ピケの名を含めた。
ピケは10月1日に行われるカタルーニャのレファレンダムを支持する自身の姿勢を示した事で大きな論争を引き起こしていた。 

スペイン代表監督はピケが代表の中心選手であり、彼のパフォーマンスや忠誠心は代表キャリアを通じて常に最大限だったため、いつも通り招集したと話した。

またロペテギはSNSで引き起こされた論争は置いといて、アルバニア戦が開催されるアリカンテではサポーター達がピケとその他全選手達をサポートしてくれる事を望んだ。

ロペテギが発表したスペイン代表の招集リストは以下の通り。
GK:
ケパ (アスレティック)
デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)
レイナ(ナポリ)

DF:
アスピリクエタ(チェルシー)
カルバハル(レアル・マドリード)
ナチョ(レアル・マドリード)
ジェラール・ピケ(FCバルセロナ)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
バルトラ(ボルシア・ドルトムント)
モンレアル(アーセナル)
ジョルディ・アルバ(FCバルセロナ)

MF:
サウル(アトレティコ)
ブスケツ(FCバルセロナ)
イジャラメンディ(レアル・ソシエダ)
コケ(アトレティコ)
チアゴ(バイエルン)
イスコ(レアル・マドリード)
マルコ・アセンシオ(レアル・マドリード)

FW:
ペドロ(チェルシー)
カジェホン(ナポリ)
シルバ(マンチェスター・シティ)
モラタ(チェルシー)
イアゴ・アスパス(セルタ)
ロドリゴ・モレノ(バレンシア)