ケンタッキー・フライド・チキンから、いずれも食欲の秋にぴったりでやみつきの味という触れ込みの「やみつきだれチキン<5種の旨味だし>」と「やみつきチキン南蛮サンド」が2017年9月28日(木)より新たに登場しました。洋風のイメージがあるケンタッキーから意外にも和風っぽいチキンとサンドが登場ということで、その味はどれほどのものか気になるところ。Krushers(クラッシャーズ) シリーズから同じく新登場の「ほろあまミルクティー」と一緒に、いったいどれほどのおいしさなのか確かめるため購入して食べてみました。

ケンタッキーフライドチキン

https://www.kfc.co.jp/top.html

やみつきだれチキン&\どっさりタルタル/やみつきチキン南蛮サンド | KFC

https://www.kfc.co.jp/campaign/yamitsuki2017/

「Krushers ほろあまミルクティー」 9月28日(木)新発売!

http://japan.kfc.co.jp/news_release/news170926kfc.html

ケンタッキーに到着。



レジの脇には「やみつきだれチキン」と……



「Krushers ほろあまミルクティー」のポスターが飾られていました。



少し離れた場所には「やみつきチキン南蛮サンド」の看板。今回は量も多いため店内ではなく、持ち帰りで注文します。



買ってきたものをお皿に盛って並べると壮観です。



「やみつきだれチキン」はかつお、焼きあご、さば、昆布、いりこの5種からだしを取った醤油だれをチキンにかけ、さらにゴマやノリをふりかけて和風の味わいにしたとのこと。説明を見ているだけでおなかが減ってきます。



早速食べてみると、ほのかな甘みが感じられるたれとあっさりとしたチキンの味がマッチし、絶妙な味わい。



口の中で和風だれとフライドチキンのハーモニーを楽しんでいると、続いてゴマとノリの風味が次第に強く感じられるようになります。両者は始めこそ自己主張が薄いですが、しっかりと「やみつきだれチキン」の味を引き立てています。試食した編集部員の中からは、「オリジナルチキンよりもこっちのほうが好み」「ゴマとノリの風味でおせんべいを食べている気分になった」「手羽の部分を食べると(名古屋の)手羽先を思い出す」という声があがりました。チキンの味とだしの効いた和風だれがけんかしないのでサクサクいけますが、少々食べやすすぎて「やみつき」とまでいくかどうかは微妙なところ。



次は「やみつきチキン南蛮サンド」。ボリュームたっぷりなのが見た目にもわかり、チキンカツの上からタルタルがはみ出しています。



ひと思いにかぶりつくと、まずタルタルの風味が一気にきます。玉子が固形のままぜいたくに使われているので、食べた瞬間に「タマゴサラダか?」と勘違いするほど。サンドされてしっとりとしたカツとの組み合わせが素晴らしいです。



かぶりついた後は、これでもかと入ったタルタルが横から少し飛び出ていました。味付けはタルタルだけじゃなく、後からカツに塗られた酸味のきいた南蛮だれもやってきます。このように2種類の味が楽しめるため、味が一辺倒にならず飽きが来ません。ケンタッキーということで洋風に寄せているのかと思いきや、奇をてらわずに正々堂々「チキン南蛮」で勝負しています。



「Krushers ほろあまミルクティー」はウバ茶葉をベースにクッキーのサクッとした食感が楽しめるぜいたくな味とのこと。赤いストローはかなり幅広。このストローを使って飲むことによって、砕かれたクッキーが一緒に吸い込まれてくるというわけ。



上には小さく砕かれたクッキーがのせられています。



飲んでみると甘すぎない上品なミルクティーの味が、口いっぱいに広がります。「ミルクティー」と名のつくものはミルクの主張が非常に強いことが多いですが、これは最後に紅茶の味が主張してきます。溶けかけのクラッシュアイスの舌触りも面白く、スッキリとした味わい。それと同時にコロコロとクッキーも吸い込まれ、かみ砕くとサクサクと小気味よい食感が楽しめます。



なお、「やみつきダレチキン」は1ピース270円、「4ピース食べくらべセット(「やみつきだれチキン」2ピース、「オリジナルチキン」2ピース、「カーネリングポテト S」1個)」が1180円、「6ピース食べくらべパック(「やみつきだれチキン」3ピース、「オリジナルチキン」3ピース、「カーネリングポテト S」2個)」が1680円。「やみつきチキン南蛮サンド」は単品で420円、「やみつきサンドセット(「やみつきチキン南蛮サンド」1個、「カーネリングポテト S」1個、「ドリンクM」1個)」が720円。「Krushers ほろあまミルクティー」は単品で350円となっています。数量限定で売り切れ次第終了とのことなので、食べたい人は早めに買ったほうがいいかもしれません。