@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

720Sを3座にモディファイ BP23の開発車両

3シーターを採用する「マクラーレンBP23」のテスト車両を、撮影することが許された。

106台の限定となるBP23(bespoke project two, three-seaterの意味)は、
 セントラル・ドライビングポジション採用
 両脇にパッセンジャーシート装備
というパッケージで、2019年に発売される。

詳細は不明ながら、同社はBP23が「史上最速のマクラーレン」であるとしており、一方でサーキットユースに焦点をあてていないと話している。

「このモデルが目指すのは、カスタマーに高いラグジュアリー性を提供することです。ビスポークパーツも、パフォーマンスも、ハイスピード性能もハイレベルにしています。そしてなによりも、公道走行にフォーカスしたグランドツアラーなのです」
 

720Sとは異なるセル採用へ

BP23は、V8ツインターボのパワーをブーストするために、ハイブリッドパワートレインを採用する。また、3名の乗員が快適にすごせるようにカーボンファイバー・パッセンジャーセルは大きな変更がくわえられるという。


アルティメットシリーズの開発を率いるアンディ・パーマーは、BP23のセルが「720Sのものとは異なる」と話している。

「センターシートという考え方は素晴らしいです。これはドライビングポジションの面で優れているだけでなく、ふたりのパッセンジャーと長い旅のための荷物さえ、飲み込んでしまうのです。わたしも助手席を体験しましたが、悪くはない場所ですよ」
 

「Sクラス」に負けない空間

パーマーと、彼の同僚のクリス・グッドウイン(写真)のふたりは、次のように話してくれた。

「テクノロジーは進化します。とくにタブやモノセルカーボンの分野は顕著です。3シーターに対応するように設計をしますから、メルセデス・ベンツSクラスと比較しても、劣っている点はありません」

また、乗降性についてもF1よりはるかに改善しているという。さらにカメラの採用により、空力面で妥協することなく、ミラーよりも広い視野を得ることに成功した。

ただし、BP23のパフォーマンスを示すものが、ラップタイムではないのなら、「最速」を名乗るには加速性能か最高速度で優る必要がある。
 

マクラーレンF1、P1よりも “速い”のか?

パーマーは最高出力やパワースペックを明かすことはなかった。しかし、マクラーレンF1の最高速度386km/h、P1の加速性能(0-100km/h加速2.8秒、0-300km/h加速16.5秒)を破るためには、P1の最高出力915psを上回ることが不可欠だろう。


720Sの4.0ℓV8ユニットが高度な改良を受けるのなら、搭載されるハイブリッドシステムの第1の役割は、ターボラグを無くすことになるはずだ。

BP23の価格は、オプションなしでも£2 million(3億円)前後とされている。なお、106台全てに、すでに顧客がついているという。