座り仕事は腰にくるな……、そうだ!立ってしまえばいいんだ

写真拡大 (全6枚)

デスクワークやパソコン作業など、椅子に長時間座る人に多い悩みといえば、腰痛。痛みを感じるたびに、立ち上がってウロウロしてみたり、軽く腰を曲げるなどストレッチしてみるものの、なかなか良くならない……。

そんな人々の救世主が、サンワサプライの上下昇降できるスタンディングデスク「102-ERD009シリーズ」。ボタンひとつで自動的に昇降する電動式で、好みの高さを記憶させられます。

▲「スタンディングデスク」102-ERD0092W

腰痛を悪化させないためには、長時間座り続けて腰へ負担をかけないことが大切です。そこで役立つのが、スタンディングデスク。サンワサプライの「102-ERD0901M/W」(幅120cm×奥行70cm、6万9800円)と、「102-ERD0902M/W」(幅140cm×奥行70cm、7万4799円)は、高さ73.8cmから約124.8cmまで天板が上下に約68cm昇降し、高さを調節できます。

しかも、電動昇降式で、コントローラーのボタンを押すだけで自動的に昇降。デジタルメーター付きインジケータで、机の高さも正確に確認できます。好みの高さを3つまで記憶させる事が出来る “高さメモリー機能” 付きなので、一度記憶させてしまえば、毎回調節しなくてもボタン一つでいつもの高さに。

▲「スタンディングデスク」102-ERD0091M

これなら、立ったり座ったりしながら作業できるので、腰への負担も軽減できます。立って作業することは、集中力の向上にも役立ち、作業効率がアップするそうで、デキるビジネスパーソンのトレンドにもなりつつあるそう。

▲「スタンディングデスク」102-ERD0101M

また、同時に、回転レバーを回すことにより上下昇降する手動昇降式の「102-ERD0101M/W」(幅120cm×奥行70cm、3万4799円)と「102-ERD0102M/W」(幅140cm×奥行70cm、3万9800円)も発売。上下昇降の幅は約73.8cmから約124.8cmまでの約51cmで、任意の高さで固定できます。回転レバーは不使用時、天板下に収納することが可能。

手動式なので電源が確保できない場所でも使用できますし、電動式よりも価格が手ごろなのもメリットです。天板のカラーはホワイトと木目の2色展開。腰痛も解消してくれ、作業効率のアップも期待できる昇降デスク、導入してみる価値はありそうですよ。

>> サンワダイレクト「スタンディングデスク102-ERD009シリーズ」
>> サンワダイレクト「スタンディングデスク102-ERD010シリーズ」

 

(文/&GP編集部)