長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあってほしいのは、ふたりの愛を二倍増しにしてくれるデートタイム。

Elite Daily」のJasmine Vaughn-Hallさんは、夫婦になったからこそデートは張り切るべきと主張しています。彼女が考える「夫婦のデートに必要な6つのこと」とは?

01.
わざわざおしゃれする

カジュアルなディナーに行くのに、なにもシンデレラのようにドレスアップする必要はありません。でもたまにはお気に入りの格好で、最愛のパートナーと夜の街に繰り出すのもいいでしょう?相手に思わずウットリしてしまったら…あなたという「包み紙」で相手を覆い隠してしまいましょう。そうしたら、最高の夜になるはず。

02.
相手の容姿を褒める

「その服もアクセサリーも、キミの笑顔も最高だよ」なんて褒められて、有頂天になっていた頃を思い出してください。この幸せ効果は、結婚したってまだまだ健在。パートナーにドキっとさせられたら、素直に伝えましょう。

03.
さりげないスキンシップを

なにも外で濃厚なキスをする必要はありません。レストランに向かう道中、手をひいてエスコートしたり、ほっぺたにさりげなくキスしたりする位が丁度いい。小さなことですが、デート中のスキンシップはいつも以上に愛らしくてときめくものです。

04.
サプライズは忘れない

サプライズの効果が薄れることなんてありません。例えば、パートナーに場所を伝えずに素敵な旅行をプランしてあげちゃったり。相手の興味をそそるサプライズだと、余計に感動しちゃうかも。結婚したからって毎日を同じように過ごす必要なんてありません。ちょっと道草をして、いつもとは一味違う体験に飛び込んでみて。

05.
周りの目を気にせず
イチャつく

パートナーとじゃれ合うのはいくつになっても愛らしい行為。さらに結婚してパートナーのツボが掴めてくると、このいちゃいちゃタイムが一段と楽しくなるんです。その上ふたりしてふざけ合うことができると、関係にさらなる安定と自信が舞い込んでくるはず。存分に戯れたあと、一緒に家まで帰れちゃうなんてところも最高。

06.
出会った頃を忘れず
思いっきり楽しむ!

結婚したからって冒険を諦めないで。だって夫婦になったら楽しみもワクワクもなくなっちゃうなんて、あんまりだから。パートナーが大切な存在であるという思いを込めて、いくつになっても楽しくデートへ出かけましょう。それはふたりの関係が新たなステージへと向かっても、ふたりが結ばれた出発地点を忘れていない、というささやかなサインなのだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily