マリオ・バロテッリ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリに第2子が誕生した。イタリア『ANSA通信』などが伝えている。

 イタリアの“問題児”は28日、自身のインスタグラムに「幸福」と投稿した。今月9日、妊婦のお腹と思われる写真をアップして「ローディング」と記していたばかりで、ついに長男が誕生した模様だ。

 バロテッリはパートナーを公表していないが、スイスに住む26歳の女性、クレリアさんがバロテッリにとっての第2子であるリオンくんの母親だとメディアは伝えている。

 同選手は2012年に元恋人のラファエッラ・フィーゴさんとの間に子供ができた。しかし、同年12月にピアちゃんが誕生した頃には2人の関係が終わっており、バロテッリはDNA鑑定を要求。鑑定結果が出たあとで、バロテッリはピアちゃんが自身の子供であることを認めている。

 今回は明言こそしていないものの、子供の誕生を待ちわびていた様子のバロテッリ。どのようなパパになるのだろうか。

text by 編集部