相対性理論など数々のプロジェクトを手がけ、音楽家・アーティスト・プロデューサーとして活躍するやくしまるえつこ。2017年9月8日にオーストリア・リンツのブルックナーハウスで開催された、メディアアート界のオスカーとも言われる世界最大の国際科学芸術賞「アルスエレクトロニカ賞」の授賞式に出席した。

やくしまるえつこ 授賞式写真など(全31枚)

 会場客席には世界各国からの審査員やアーティスト、EU(欧州連合)各国の政治家らゲストが集う中、司会のアルスエレクトロニカ アーティスティックディレクターであるゲルフリート・シュトッカーが、やくしまると、同賞の『STARTS PRIZE』でグランプリを受賞した作品『わたしは人類』を紹介。本作は、“人類滅亡後の音楽”をコンセプトに、やくしまるがバイオテクノロジーを用いて制作。微生物の遺伝子情報を基にポップミュージックを作り、楽曲情報を遺伝子コードに変換、その情報をDNAに埋め込んだ遺伝子組換え微生物と音源(音楽配信やCD)で発表した作品。遺伝子組換え微生物『わたしは人類』が、実際に各地の美術館などで展示されている。

 授賞式では、オリジナル衣装であるFACETASM制作の袴と、SINA SUIEN制作の羽衣を身に纏い、ボーカルの他にもオリジナル9次元楽器「dimtakt」やカオスパッド、中野サンプラザで初披露されたオリジナル新装置「YXMR Ghost “Objet”」(ヤクシマル・ゴースト・オブジェ)などを用いて『わたしは人類』を演奏。相対性理論メンバーの山口元輝もドラムで参加。トークなどは一切行わないまま、いつもどおりのライブパフォーマンスを披露し、約8分間の演奏を終えると、客席からは大歓声が沸き起こり、アルスエレクトロニカの現地スタッフが「ゲストの政治家の方々が客席から身を乗り出して観ていたのはかつてない光景」と驚く大盛況の中、やくしまるはステージを去って行った。

 その後のトロフィー授与式では、writtenafterwards制作によるオリジナル衣装に着替えてやくしまるが再登場。自身のドローイングが散りばめられた黒く長いマントに身をつつみフードを被ったやくしまるが、アルスエレクトロニカ賞『STARTS PRIZE』グランプリのトロフィーを受け取った。

 なお、『わたしは人類』は、9月30日までベルギー・ブリュッセルのボザール・エレクトロニック・アーツ・フェスティヴァルでも展示中。日本でも、2018年1月8日まで金沢21世紀美術館で開催中の【コレクション展2「死なない命」】で見ることができる。

撮影:Ars Electronica/tom mesic/みらい制作/REALROCKDESIGN

◎作品情報
やくしまるえつこ『わたしは人類』
Apple Music:http://apple.co/2eXFnTu
iTunes Store:http://apple.co/2eFmYOv

<動画>
Genetic Video:https://youtu.be/92Dcp9Fbdac
変異ver. at YCAM:https://youtu.be/aIVMQvbNfbE