香川真司、ブンデスアタッカー部門6位に選出 ゲーム「FIFA18」の能力値で一流認定

写真拡大

ブンデスアタッカー陣の「FIFA18」能力値をランキング化、リーグ公式が動画で紹介

 世界中で人気を博しているサッカーゲーム「FIFA18」は、日本版が28日に発売開始した。

 Jリーグをはじめ様々なリーグが収録されている。そのなかには数多くの日本人選手もいるが、ドルトムントの日本代表MF香川真司がブンデスリーガのアタッカーとして10傑入りを果たし、世界の一流選手として認定された。

 ブンデスリーガの公式YouTubeチャンネルは「EA SPORTS FIFA 18 - Top 10 Attackers: Aubameyang, Lewandowski & More」というタイトルの動画を公開。ブンデスリーガのアタッカー陣の能力値をランキング化し、各選手のプレー動画とともにゲーム内でのステータスを紹介している。

 10位マリオ・ゴメス(ヴォルフスブルク/ドイツ代表)や9位FWラファエル(ボルシアMG)に続き、8位にFWマックス・クルーゼ(ブレーメン/ドイツ代表)、7位にティモ・ヴェルナー(RBライプツィヒ/ドイツ代表)など各国代表クラスの選手がランクインした。

 そして、6位で登場したのが香川だ。スピード、シュート力、パス能力は60〜70台、ディフェンスとフィジカルは30〜40台とやや低め目の数値にとどまっているものの、得意のドリブルは「86」とワールドクラスの能力があると評価されている。

トップ5はブンデスのメーンキャストが並ぶ

 トップ5には 5位MFエミル・フォルスベルグ(RBライプツィヒ/スウェーデン代表)、4位FWトーマス・ミュラー(バイエルン/ドイツ代表)、3位MFハメス・ロドリゲス(バイエルン/コロンビア代表)、2位FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン/ポーランド代表)と並び、栄えある1位は香川の同僚FWピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント/ガボン代表)。上位にはブンデスのメーンキャストたちがずらりと並んでいる。

 今季の香川はリーグ戦4試合出場も先発は1試合のみ。それでも高い評価を受けているのは、これまでの強烈なインパクトを残してきたからに他ならない。この評価にたがわぬ活躍を現実のピッチの上で見せつけられるか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ブンデス公式YouTubeチャンネルで公開 「FIFA18、ブンデスアタッカー陣トップ10」で香川が6位選出

https://www.youtube.com/watch?v=ZEDb9V5PgPY

ブンデス公式YouTubeチャンネルで公開 「FIFA18、ブンデスアタッカー陣トップ10」で香川が6位選出