アウトドア必携!一台3役のプラズマライターが便利でカッコいい

写真拡大 (全6枚)

美しい紅葉に、澄んだ空気の下での天体観測……。秋冬のアウトドアの楽しみはいろいろありますが、なんといっても欠かせないのが焚き火です。とはいえこれからの季節、アウトドアにある程度慣れている人でも、強風や降雪などの荒天時に火を起こすのはなかなか大変。そんな時に心強い味方になってくれそうなアイテムが、Makuakeに登場。電気アークを作る高強度のプラズマライター「Sparkr(スパーカー)」です。

「Sparkr」は車のスパークプラグのようにアークを作りだし、紙や枯枝などの焚き付けに簡単に着火できるプラズマライターです。通常の点火用オイルライターでは、風雨や湿気の多い場所では着火が難しいもの。そんな悪天候下でも、本品なら安定して点火できます。

またライター部分の反対側にはLEDフラッシュライトを備えており、携帯照明としても使用可能。400ルーメンのワイドアングルで広い範囲を照らします。

さらにライターキャップをフラッシュライト側に取り付ければ、半透明のキャップが周囲に光を拡散させ、ランタンとしての使用もOK。同梱のタイで吊り下げて使うことも可能です。

ボディは長さ182mm、グリップ部分は直径26mmで、軽くて丈夫なアルミニウム製。充電はマイクロUSBポート経由で行い、6時間でフル充電。フラッシュライトとして使用する時はHighモードで4時間、Lowモードで16時間以上の連続点灯が可能というスタミナ設計も魅力です。支援コースは9月29日現在、超早割の5980円から受付中です。

▲「Sparkr Mini(スパーカーミニ)」

また、日々の生活のなかでもっと身近に使いたいという人には、25ルーメンのLEDライトを内蔵したライター型「Sparkr Mini(スパーカーミニ)」もありますよ。

>> Makuake「Sparkr」

 

(文/&GP編集部)