【リーガエスパニョーラ第7節プレビュー】代表戦前最後のリーグ戦! 首位バルサは7連勝懸かる

写真拡大

▽先週末に行われた第6節ではバルセロナとレアル・マドリーの2強に加え、セビージャとの強豪対決を制したアトレティコ・マドリーが勝利を手にした。その一方で、開幕からの成績不振の影響でビジャレアル、ラス・パルマスの2チームが監督交代に踏み切っている。

▽10月のインターナショナルウィーク前最後のリーグ戦となる今節。上位チームが比較的格下との対戦となった中、注目は開幕6連勝の首位バルセロナと、前節終了後に監督交代に踏み切り、アジェスタラン新体制の初陣となるラス・パルマスの一戦だ。

▽前節、ジローナとのカタルーニャ自治州ダービーを相手の2つのオウンゴールとFWルイス・スアレスのゴールで勝ち切ったバルセロナは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング・リスボン戦でも相手のオウンゴールで挙げた1点を持ち味の堅守で守り切り、敵地で1-0の勝利を収めた。その一戦から中3日で迎える今節では、マルケス前監督の辞任に伴い、アジェスタラン新監督を招へいしたラス・パルマスをホームに迎える。ここまで15位に沈むラス・パルマスだが、FWビトロやFWレミ、FWカジェリと前線に好タレントを擁しており、決して油断できない相手だ。その一方で、MFロケ・メサの退団で中盤のクオリティは著しく低下しており、今回の一戦では中盤での争いが勝敗のカギを握るはずだ。

▽また、前節アラベス相手に辛勝したレアル・マドリーは、ミッドウィークのCLドルトムント戦で悩めるMFベイル、復調のエースFWクリスティアーノ・ロナウドらの活躍で敵地での初勝利を収めるなど、ここに来て調子を上げてきている。そんな上り調子のチームは、今季リーグ戦3試合未勝利(1敗2分け)のサンティアゴ・ベルナベウで今季ホーム初勝利を目指す。この試合の注目ポイントは、[4-3-1-2]の布陣で2トップの左を務め、好パフォーマンスを披露したベイル。同試合では相手の背後に大きなスペースがあったことも活躍の要因に挙がるが、慣れ親しんだ左サイドでの継続起用で完全復調なるか。なお、対戦相手のエスパニョールは、直近のデポルティボ戦で4-1の快勝を収めるなど、直近3戦負けなし。FWジェラール・モレーノ、FWレオ、MFピアッティと好調を継続するアタッカーが番狂わせを狙う。

▽前節、セビージャとの上位対決に完勝したアトレティコは、リーグ戦3連勝と好調を継続。だが、ミッドウィークに行われたCLチェルシー戦では後半ラストプレーの失点で新本拠地ワンダ・メトロポリターノで公式戦初の敗戦を喫し、精神面の影響が気がかりだ。また、同じマドリッドに本拠地を置くレガネスとのダービーに向けては、昨シーズンのアウェイゲームで大苦戦のゴールレスドローと、決して簡単な試合にはならないはずだ。とりわけ、今季のレガネスはここまで3勝2敗1分けの7位と好調を継続しており、アトレティコとしては開幕6戦でわずか3失点の相手の堅守をいかに破るかが、ダービー制覇のカギを握る。

▽アトレティコとの上位対決に敗れ、前節今季初黒星を喫したセビージャは、今節マラガとのアンダルシア自治州ダービーに臨む。アトレティコ戦の敗戦の影響も懸念されたCLマリボル戦ではFWイェデルのハットトリックの活躍で3-0の快勝を収め、今季のCL初勝利という結果できっちりバウンスバックを果たした。一方、対戦相手のマラガは開幕5連敗スタートも、直近のビルバオ戦では1人少ない1-3の状況から試合終盤に2点を返して3-3のドローに持ち込み今季初の勝ち点を奪取し、苦境ながら今後の巻き返しに向けたキッカケを掴んだ印象だ。地力、選手層を含めてセビージャ優位に間違いはないが、大物食いの傾向を持つミチェル監督率いる番狂わせの可能性は十分にある。

▽MF乾貴士、MF柴崎岳と2人の日本人が所属するエイバルとヘタフェは、それぞれビジャレアルとデポルティボと対戦。前節、序盤の大量失点の影響で前半37分に交代させられる屈辱を味わった乾は、前節ヘタフェに大敗してエスクリバ前監督を解任したビジャレアルとのアウェイゲームに臨む。対戦相手のビジャレアルは監督交代に加え、ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)を戦っており、エイバルとしては勝ち点3を奪う格好のチャンスだ。7戦連続スタメンが有力視される乾は、強豪相手に今季初ゴールを奪い、良い形で日本代表に合流したいところだ。一方、バルセロナ戦での負傷で欠場が続く柴崎を擁するヘタフェだが、直近のビジャレアル戦を4-0の大勝で飾り、今節は18位に低迷するデポルティボ相手に今季初の連勝を目指す。

▽その他では、智将マルセリーノ監督の下でここまで4位と躍進するバレンシアが、公式戦5試合勝利がない不調ビルバオをメスタージャに迎える一戦に注目したい。得点ランク2位のFWザザ、かつてバレンシアのエースとして活躍したFWアドゥリスのエース対決や、FWゴンサロ・グエデスやFWイニャキ・ウィリアムズら若きアタッカーの競演にも注目したい。

《リーガエスパニョーラ第7節》

▽9/29(金)

《28:00》

セルタ vs ジローナ

▽9/30(土)

《20:00》

デポルティボ vs ヘタフェ

《23:15》

セビージャ vs マラガ

《25:30》

レバンテ vs アラベス

《27:45》

レガネス vs アトレティコ・マドリー

▽10/1(日)

《19:00》

レアル・ソシエダ vs ベティス

《23:15》

バルセロナ vs ラス・パルマス

《25:30》

ビジャレアル vs エイバル

バレンシア vs ビルバオ

《27:45》

レアル・マドリー vs エスパニョール