マンチェスター・Uに補強求めるG・ネビル氏…勧めるのはライバルで大活躍したあのFW?

写真拡大

ギャリー・ネビル氏は、好調を続ける古巣マンチェスター・ユナイテッドにまだまだ改善の余地があるとし、世界的ストライカーを獲得できれば理想に近づくと語っている。

今シーズン、開幕から5勝1分けと最高のスタートを切ったマンチェスター・ユナイテッドは、ライバルのマンチェスター・シティとともにリーグ戦で首位タイに立っている。チャンピオンズリーグでも開幕2連勝とした同クラブだが、OBのネビル氏によるとチームにはまだ改善すべき箇所があり、バルセロナとアトレティコ・マドリーで活躍するFWのどちらかを獲得すべきと感じているようだ。

ネビル氏は、『ストレッティ・ニュースTV』で「我々はまだまだ改善できる。才能のある選手がもう1人チームに欲しい。1対1に強く、人々を魅了できるウィンガーがいれば良いと思う」と古巣に前線の補強を求めた。

続けて「スペインに4カ月ほど滞在したが、(アントワーヌ・)グリエズマンをとても気に入っている。グリエズマンをユナイテッドで見たい。彼は俊敏で、想像力もあり、ゴールを奪える」と今夏獲得をうわさされるも、破談に終わったフランス代表FWがオールド・トラッフォードで活躍する姿を見たいと言及。

さらに、同氏は「(ルイス・)スアレスはリヴァプールでプレーしていたが、ユナイテッドの選手になることだってできる。傲慢な言い方に聞こえるが、彼はファンタスティックで、得点を奪え、攻撃的で、常に全力でボールを追い掛け回す」とウルグアイ代表FWも古巣に貢献できると考えているようだ。