老後に備え、今からできることを確実に積み上げて

写真拡大

平均寿命が延びている現代、老後をどうするかは避けて通れない問題です。まだ先の話だから、とスルーするのは大間違い! 特にお金の問題は大切です。老後を快適に過ごすために、今からできることを紹介します。

 

■ 【子どもの自立心を育てる】

いつまでも親のスネをかじる子がいては、老後資金がいくらあっても足りません。また、自立しないと後で本人が困ること間違いなし。「お金を出すのは大学を卒業するまで」などと可能なかぎり決めて、小さいうちからいい聞かせ、きちんと自立させましょう。

 

■ 【焦らず、できるところから】

「老後にお金が足りなくなるのでは!?」。その心配を減らすには、計画的に老後資金を貯めるのがベスト。妻が働けば貯蓄も増やせるし、老後に収入を得る道にもつながります。また、1人になっても、仕事があれば生きがいを感じることもできるはず。働くほかにも、趣味やボランティアでネットワークを広げるのもいいでしょう。ニュースを見たり、新聞を読んだりして社会の動きを知っておくことも大切です。準備できることはたくさんあるから、今働けない人も、できることからスタートして。老後までまだまだ時間があります。焦らなくても大丈夫です!

女性は男性より長生き。老後を“おひとりさま”で過ごす可能性は充分あります。そんなとき、「子どもをあてにしない」「子どもにあてにされない」人生を送りたいもの。今からしっかり考えておきましょう!