オクラホマシティ・サンダーへトレード移籍したカーメロ・アンソニー【写真:Getty Images】

写真拡大

噂されたロケッツ行きは取引完了後に「不成立」…別の選択肢を余儀なくされる

 NBAのスーパースター、カーメロ・アンソニーは今オフ、ニューヨーク・ニックスからオクラホマシティ・サンダーへトレード移籍した。ヒューストン・ロケッツ行きが濃厚と報じられていた中、新天地は急転直下でサンダーに決定した。米スポーツ専門放送局「ESPN」はその舞台裏に関する本人のコメントを伝えている。

 得点王1回、アメリカ代表の一員として3個の金メダルを獲得してきたリーグ屈指の得点マシンは、ダグ・マクダーモット、エネス・カンター、2018年ドラフト2巡目指名権との交換トレードが成立し、25日にサンダーの一員となった。

 カーメロは現在NBAでわずか3人しかいないトレード拒否権を持っており、早くから移籍先はロケッツと報じられていた。7月には成立すると思われた中、「第3のチーム」捜索が難航していたが、ロケッツとの交渉は一度完了しながら、幻に終わっていたようだ。

「ヒューストンとの取引は完了していた。それからなんらかの理由があって、不成立になったんだ。いろいろとあって、それから俺たちは他の選択肢に目を向け、考え始めなければならなかった」

 記事によれば、カーメロは米ラジオ局「シリウスXM」でこのように語ったという。

昨季MVPのウエストブルック、ジョージとともに悲願のリーグ優勝へ

 カーメロは9月の第4週、ニックスのフロントからサンダーを候補に加えるかどうか尋ねられた際、トレードされることに同意。交渉を円滑に進めるため、トレード拒否権と契約したチームから放出された場合に年俸がアップする「トレードキッカー」(810万ドル=約9億1000万円相当)の破棄も受け入れた。

 そして、昨季リーグMVPのラッセル・ウエストブルック、新加入のオールスター選手ポール・ジョージが在籍する強豪サンダーへの移籍が成立。同期で親友のレブロン・ジェームズやドウェイン・ウェイド(ともにクリーブランド・キャバリアーズ)がNBAチャンピオンを経験するなか、プロ14年間、優勝と無縁のキャリアを過ごしてきた男にとっては願ってもないチャンスを手にした。

「俺の立場からすると、生まれ変わった気分だね。これまでとは違うエネルギーを自分自身、選手たち、チーム、街から感じるんだ。君も分かるさ」

 地元メディアに対して、胸中を明かしたカーメロ。悲願の優勝に向けて、新天地で死力を尽くす覚悟だ。