「人生に1回くらい、すべてを投げ捨ててでも」 山本耕史が『交際0日婚』の真相を語る

写真拡大

一児の父親であり、俳優として活躍中の山本耕史さん。

2017年9月26日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演し、近況を語りました。

妻に「感謝しかない」

山本さんは、2015年に元女優の堀北真希さんと結婚しました。同番組では、当時話題になった『交際0日結婚』の真相を告白。

結婚報道に対し、当時はさまざまなことをいわれつつ、強い気持ちで乗り切ったのだそう。そこには、次のような考えがありました。

「人生に1回くらい、すべてを投げ捨ててでも、1人の女性を捕まえるために動くということは、悪いことではないと僕は思います」

徹子の部屋 ーより引用

山本さんは当時26歳だった堀北さんを「女優として絶頂の時だった」と振り返り、当事者である2人はもちろん、周囲もただならぬ覚悟を決めていたことを明かしました。

現在40歳の山本さんは、30代半ばくらいから「自分は生涯独身かもしれない」と考えていたといいます。

「あぁ僕は(結婚を)できないな、と思っていたんですけど、そんな思いを全部くつがえされたというか…くつがえしてくれたのはいまの奥さんなので、そういう意味では本当に感謝しかない」

徹子の部屋 ーより引用

現在は専業主婦である堀北さんについては「家のことが得意なので、とても助かっています」と笑顔で感謝の言葉を口にし、夫婦円満な様子をのぞかせました。

40歳の『新米パパ』

2016年12月に子どもが生まれ、一児の父親となった山本さん。

日々成長する我が子を目にし、徐々に「父親になった」という実感がわいてきたといいます。

「自分が守るべきものが増えた、という気持ちがありましたね」

徹子の部屋 ーより引用

おしめを替えるなど、育児にも積極的な様子。自身の『子育て』に関する考えを述べました。

「外で男が仕事してるんだから、っていったりするけど、僕ね、子どもを育てる以上の仕事はないような気もしているんですよ。
だから、僕は外で仕事をしていますけど、男も自分の仕事のことに逃げるというか、重きを置くばかりなのもどうかなっていうところがあります」

徹子の部屋 ーより引用

堀北さんへの変わらない愛情を見せつつ、『新米パパ』としていま感じていることを語った山本さん。そこには自身の仕事と同じくらいに、『育児』に対し真剣に取り組もうとする姿勢がうかがえました。

順風満帆な山本夫婦…これからも子育ての喜びや大変さを一緒に乗り越え、ますます家族として絆を深めていくことでしょう。

[文・構成/grape編集部]