他の追随を許さない実績を有するアンチェロッティ監督 photo/Getty Images

写真拡大

昨季よりバイエルン・ミュンヘンの指揮を執っていたカルロ・アンチェロッティ監督。ミランとレアル・マドリード在籍時にUEFAチャンピオンズリーグの優勝(計3回)を経験するなど、豊富な実績を有する同監督だが、27日に行われた今季の同大会グループステージ第2節でパリ・サンジェルマンに完敗。ブンデスリーガでの出遅れや複数の主力選手との確執も災いし、28日に同クラブ指揮官の職を解かれている。

こうした状況のなか、英『The Telegraph』が同監督の再就職先を大胆予想。「彼が最も望んでいるのはイングランドへの帰還」という見出しや本文が掲載されるなど、チェルシー在籍時以来となるプレミアリーグへの復帰が本人の第一希望であるという見解が示された。また、同紙は同監督の具体的な就任先候補についても言及。成績不振によりスラベン・ビリッチ現監督の立場が揺らいでいるウェストハムや、アーセン・ヴェンゲル現監督の後釜問題が浮上しているアーセナルへの赴任が有力視されている。

2001年から2009年まで在籍したミランへの復帰説や中国スーパーリーグへの挑戦の噂など、早くも情報が錯綜しているアンチェロッティ監督。4つのビッグクラブ(ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、バイエルン・ミュンヘン)を国内リーグ優勝に導いた実績は他の追随を許さないが、58歳のベテラン指揮官はどのような決断を下すのだろうか。