藍色が特徴的な「アラジン ブルーフレーム BEAMS JAPANモデル」が発売される

写真拡大

新宿のショップBEAMS JAPANと「アラジン ブルーフレーム」や「アラジン グラファイトトースター」を販売する日本エー・アイ・シー株式会社がコラボレーションした、「アラジン ブルーフレーム BEAMS JAPANモデル」(6万円税別)が、10月1日(日)よりBEAMS公式オンラインショップとゾゾタウンで先行予約受付を開始し、11月10日(金)から同EコマースサイトおよびBEAMS JAPAN 1Fで、200台限定で販売される。

【写真を見る】コラボ銘板にはシリアルナンバーが入っている

アラジンブランドの代表作「アラジン ブルーフレーム」は、誕生から80年以上愛され続ける、構造を大きく変えずに品質と安全性を向上させたロングセラー商品だ。今回発売される「アラジン ブルーフレーム BEAMS JAPANモデル」は、ブルーフレーム初のコラボレーションモデルで、シリアルナンバーを刻印し、本体にはBEAMS JAPANのキーカラー「藍色」が採用された。 さらに、アラジンとBEAMS JAPANのロゴをプリントしたオリジナル収納カバーも付属する。

80余年もの間、少しずつ改良を加えながらも、基本的なモデルチェンジのない完成されたフォルムと性能で愛され続ける永遠のスタンダード「ブルーフレームヒーター」。美しい青い炎は、気化された灯油が充分な酸素を取り込んだ良い燃焼状態である証拠だ。 対流式なので暖められた空気が部屋をくまなく、ふんわりと包み込み、気になる風や音もない。 機能性はもちろん、愛らしいデザインも相まって寒くなるのが待ち遠しくなりそうな新商品だ。【ウォーカープラス編集部/末次延蔵】