西武鉄道の電車内で流されたアナウンスが、「粋な計らいだ」などとツイッター上で反響を呼んでいる。

人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」のイベント参加者に呼びかけたもので、Jタウンネットでは、西武鉄道の広報部に話を聞いた。

「DJ車掌だ!」「ラブライバーか」

イベントは、アニメの声優たちが出演して2017年9月29、30日に埼玉県所沢市内のメットライフドーム(西武ドーム)で開かれる「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR」だ。

話題の車内アナウンスは、29日朝にツイッター上で投稿された1分強の動画でその音声を聞くことができる。


車内アナウンスが話題に(写真はイメージ)

男性のアナウンス主はまず、イベント名を正確に挙げた後、アニメのファンを指す言葉を使って、「ご来場のラブライバーの皆様にお願い致します」と切り出した。そして、「ホームや車内でラブライブレードなどを振り回されますと、乗務員、駅係員が緊急停止合図と間違え、電車が止まってしまう恐れがありますので、お止め下さい」と注意を呼びかけた。ラブライブレードとは、公式グッズのペンライトのことだ。

「特に、停止合図と同じ赤い色、ダイヤさん推しの方は十分ご注意下さい。ダイヤが乱れます」

続いて、男性がこうアナウンスすると、車内でファンらから笑い声が巻き起こった。アニメのキャラ「黒澤ダイヤ」には、赤いペンライトが指定されており、男性はそれをよく分かったうえで使っていた。特に、「ダイヤが乱れます」の言葉はファンらに受けたようで、同じ言葉を繰り返す人もいた。

その後、男性は、「ラブライブレードなど会場でお求めになりましたグッズはカバンの中に、ライブでの思い出は心の中に大切にしまっていただき、ご自宅までお持ち帰りいただきますようお願い致します」と優しく呼びかけた

「事実確認できかねるので、コメントできない」

このアナウンス主は、電車が乗り換え場所の西所沢駅に着くのを前に、駅や会場では走らないようにファンらに訴えたが、同時に、またまたアニメのネタを披露した。

「淡島神社の階段ほどではありませんが、大変危険です。この先もどうぞ、お気をつけて行ってらっしゃいませ」

淡島神社は、静岡県沼津市の駿河湾に浮かぶ淡島の山頂にあり、ファンから聖地の1つとして巡礼対象になっている。


イベントの公式サイト

アナウンス動画を載せたツイートは、「いいね」が2万件ほども付いており、ファンらからの書き込みが相次いでいる。

車内アナウンスについて、西武鉄道の広報部は9月29日夕、次のように取材に答えた

「普通は車掌がやる業務ですが、事実確認ができかねますので、コメントはできないです。会社としてアナウンスを指示したことはなく、あったとしても、個人の判断で分かりやすい表現を使ったのだと思います」

ファンらが駅のホームなどでペンライトを振る行為があるかについては、「分かりかねます」としたが、そのような行為は困るとしている。

「駅員は、夜の非常時には、赤い合図灯を振ることになっていますので、赤いペンライトを振られれば、電車の運転士などが見間違える可能性はあると思います」